Sustainable Japan QUICK ESG研究所
2016/07/01 最新ニュース

【アメリカ】ファイナンシャル・プランナーの責任投資理解が不足。TIAA調査報告書

 運用会社米大手のTIAAグローバル・アセット・マネジメント(TIAA)は5月31日、米国での責任投資に関する調査結果を発表した。TIAAは、1918年に大学教授の年金資産運用を行う機関として設立され、現在では教育関係者、宗教団体、慈善活動家を含む幅広い富裕個人資産の運用に従事、運用資産額では全米でも指折りの運用機関となっている。今回の調査は、全米の富裕個人投資家とファイナンシャル・プランナーの双方対象に行われた。米国の富裕個人投資家の77%は保有資産を通じ社会にプラスの影響を与えたいと考えていることが明らかとなる一方、米国での責任投資の基本的課題が浮かび上がってきた。  調査によると、富裕個人投資家のうち74%は、社会にプラスの影響を与える投資を通じて高いリターンを上げられると説明するファイナンシャル・プランナーから助言を得たいと考えている。また、65%は、責任投資について議論できるアド...

» 続きを読む
2016/07/01 最新ニュース

【イギリス】マークス&スペンサー「プランA報告書 2016」、新たに22項目達成

 英小売大手マークス&スペンサーは6月9日、同社のサステナビリティ報告書である「2016 Plan A Report」を発表。2015年までの達成状況を明らかにした。マークス&スペンサーは1884年創業の老舗小売チェーン。ロンドン証券取引所にも上場しており、イギリスの代表的な株式指数であるFTSE100の採用銘柄にもなっている。同社は2007年に、長期的サステナビリティ戦略「プランA」を掲げ、先進的な取り組みを実施していることでも有名。「Plan A Report」は、同社が掲げる2020年までの長期ゴールに対しての進捗状況を情報開示するために発表されている。  プランAは、環境、社会、経済など幅広い103項目に関して、具体的な達成目標を設定している。103項目それぞれに対して、「達成」「計画通り」「計画に遅れ」「未達成」の4つのステータスで達成状況を明らかにしており、2015年までに「達...

» 続きを読む
2016/06/30 ESG 最新ニュース

【オランダ】年金基金連盟、加盟基金向けに責任投資の実施ガイドラインを発表

 オランダの年金基金の連合体である「オランダ年金基金連盟」(Federation of the Dutch Pension Funds)は6月16日、年金基金が責任投資を実施する上での指針となるガイドライン「Service Document on Responsible Investment」を発表した。オランダ年金基金連盟は2010年に設立され、業界年金基金、企業年金基金、個人型年金基金などを260の年金基金が加盟。オランダの年金基金では、責任投資やESG投資を実施する動きが相次いでおり、今回のガイドラインが作成された。  ガイドラインは、オランダ国外のファンドマネージャーに対して、オランダの年金基金が考える責任投資のあり方を周知させるため、英語でも発行された。ガイドラインでは、年金基金に課せられている責任投資に関するオランダ法や業界自主規則の内容を解説。その上で、ビジョン作成、方針作成...

» 続きを読む
【アメリカ】ファイナンシャル・プランナーの責任投資理解が不足。TIAA調査報告書
2016/07/01 最新ニュース

 運用会社米大手のTIAAグローバル・アセット・マネジメント(TIAA)は5月31日、米国での責任投資に関する調査結果を発表した。TIAAは、1918年に大学教授の年金資産運用を行う機関として設立され、現在では教育関係者、宗教団体、慈善活動家を含む幅広い富裕個人資産の運用に従事、運用資産額では全米でも指折りの運用機関となっている。今回の調査は、全米の富裕個人投資家とファイナンシャル・プランナーの双方対象に行われた。米国の富裕個人投資家 [...]

» 続きを読む
【イギリス】マークス&スペンサー「プランA報告書 2016」、新たに22項目達成
2016/07/01 最新ニュース

 英小売大手マークス&スペンサーは6月9日、同社のサステナビリティ報告書である「2016 Plan A Report」を発表。2015年までの達成状況を明らかにした。マークス&スペンサーは1884年創業の老舗小売チェーン。ロンドン証券取引所にも上場しており、イギリスの代表的な株式指数であるFTSE100の採用銘柄にもなっている。同社は2007年に、長期的サステナビリティ戦略「プランA」を掲げ、先進的な取り組みを実施していることでも有名 [...]

» 続きを読む
【オランダ】年金基金連盟、加盟基金向けに責任投資の実施ガイドラインを発表
2016/06/30 ESG 最新ニュース

 オランダの年金基金の連合体である「オランダ年金基金連盟」(Federation of the Dutch Pension Funds)は6月16日、年金基金が責任投資を実施する上での指針となるガイドライン「Service Document on Responsible Investment」を発表した。オランダ年金基金連盟は2010年に設立され、業界年金基金、企業年金基金、個人型年金基金などを260の年金基金が加盟。オランダの年金基 [...]

» 続きを読む
【国際】食品ロス測定・報告に関する基準が制定、3GF
2016/06/30 最新ニュース

                        グローバル・グリーン・グロース・フォーラム(Global Green Growth Forum:3GF)は6月6日、7日、デンマーク・コペンハーゲンで2016年サミットを開催、世界初となる「食品損失と廃棄に関する測定および報告に関する基準」(Food Loss and Waste Accounting and Reporting Standard: FLW Standard)のプロトコル [...]

» 続きを読む
【オーストラリア】カトリック系4団体、化石燃料全体からのダイベストメントを宣言
2016/06/29 最新ニュース

 オーストラリアのカトリック系キリスト教4団体は6月15日、石炭、石油、ガスの化石燃料全体からのダイベストメント(投融資引き揚げ)を共同で宣言した。化石燃料全体からのダイベストメントを複数のカトリック団体が共同で発表するのは世界で初めて。今回宣言に加わった4団体は、Marist Sisters Australia、Presentation Congregation Queensland、Presentation Sisters Wag [...]

» 続きを読む
【アメリカ】ハーシー、2015年CSRレポート公表。気候変動、パーム油、動物愛護など目標発表
2016/06/29 最新ニュース

 チョコレート米国最大手のハーシーは6月9日、2015年のCSRレポート「Shared Goodness」を公表した。同社は、2014年に続き2015年でも、サステナビリティ調達、食の安全、より健康的な原材料の利用などに取り組んだ。その中には国際的な関心が高まっている気候変動やパーム油の責任ある調達も含まれている。加えて2015年には各国の恵まれない子どもたちのために栄養教育を実施する「Nourishing Minds」プログラムも開 [...]

» 続きを読む
【ヨーロッパ】国際資本市場協会、「グリーンボンド原則」2016年改訂版を発表
2016/06/28 ESG 最新ニュース

 欧州を中心に世界約60カ国470の金融機関が加盟する国際団体である国際資本市場協会(ICMA)は6月16日、グリーンボンド発行時の自主的ガイドラインである「グリーンボンド原則(GBP)」の2016年改訂版を発表した。ICMAはロンドンとチューリヒに本部を置き、欧州では政府から自主規制機関としても認められている機関。欧米の金融機関が中心となって、2014年1月にGBPの初版を発行して以来、欧米の多くの主要銀行が同原則への支持を表明して [...]

» 続きを読む
【アメリカ】伊藤園、全米小売2位クローガー店舗でオーガニック茶の販売を開始
2016/06/28 最新ニュース

 飲料メーカー大手伊藤園のアメリカ法人は6月8日、スーパーマーケットチェーン米国1位、小売店米国2位のクローガーが保有する1,500店舗で、米国での伊藤園の主力ブランド「TEAS' TEA」ラインナップの一つである「TEAS' TEA ORGANIC」と日本でも有名な「お〜いお茶」の販売が開始されると発表した。クローガーは自然健康食品の販売を強化しており、健康志向消費者に人気の高いオーガニック茶や緑茶の商品拡充として、伊藤園が選ばれた [...]

» 続きを読む
【国際】森林破壊抑止への取り組み企業は増えたが、依然課題は多い。環境NGO報告書
2016/06/27 最新ニュース

 国際環境NGO・Forest Trends(本部:米国ワシントン)が推進するイニシアチブ「Ecosystem Marketplace」は6月6日、森林破壊根絶を目的としたプロジェクト「Supply Change」の新たな報告書を公表した。Ecosystem Marketplaceは、温室効果ガス、水、生物多様性、地域社会の4分野の市場情報を配信しており、Supply Changeプロジェクトでは、森林破壊根絶に賛同する企業579社の [...]

» 続きを読む
» ニュースの一覧を見る
【インタビュー】シチズン、現場主導のCSVが実現。担当者が語る工夫と苦労
2016/05/12 事例を見る

 シチズン時計。日本では非常によく知られている国産時計メーカーだ。同社の前身「尚工舎時計研究所」は1918年に創業、シチズンは英語で「市民」を表す名詞。「市民に親しまれるように」という願いを込めて、尚工舎時計研究所の創業者であり社長であった山崎亀吉氏と親交の厚かった後藤新平・東京市長(当時)が命名した。同社はその後、時計で培った精密加工技術を活かし製品ラインナップを拡大、今では幅広く電子機器や電子 [...]

» 続きを読む
【インタビュー】リーバイ・ストラウス Manuel Baigorri氏「持続可能なサプライチェーンとビジネスの統合」
2016/02/12 事例を見る

 リーバイス。アメリカファッションと力まないクールさを象徴するブランドだ。ジェイコブ・デイビスと創業者リーバイ・ストラウスが1873年にジーンズを発明して以来、リーバイスのジーンズは世界で最も知られるまでに成長、そのときどきの時代の人々を魅了し続けてきた。現在リーバイス・ストラウス社の商品は110以上の国で手に入れることができる。リーバイスジーンズの特許は以前に切れ、他社もデニムパンツを製品ライン [...]

» 続きを読む
【インタビュー】ファーウェイ Holy Ranaivozanany氏「事業成長を支えるグローバルCSR戦略」
2016/02/08 事例を見る

 携帯電話基地局など通信関連機器で世界第2位のシェアを誇り、スマートフォンでは世界第3位のシェアを誇る、中国発のテクノロジー企業があるのをご存じだろうか?それが、今や世界のICT業界を代表する1社となった、ファーウェイ(華為技術有限公司、以下「ファーウェイ」)だ。  中国の深圳に本拠を構えるファーウェイは、1987年の設立以降、積極的な研究開発投資を武器に事業を急拡大させ、現在では世界170以上の [...]

» 続きを読む
【インタビュー】レスポンスアビリティ足立氏「自然資本会計の最前線~World Forum on Natural Capital 2015~」
2016/01/05 事例を見る

自然資本をめぐる世界の流れ  近年、世界のサステナビリティ関係者らの間で注目を集めているのが「自然資本(Natural Capital)」という概念だ。「自然資本」とは、水や土壌、森林、生物など、我々の生活や事業活動に必要なあらゆる生態系サービス(フロー)を生み出しているストックのことを指す。  事業を継続・発展させるためには生態系サービスの利用が不可欠だが、自然資源は再生可能だが有限である。スト [...]

» 続きを読む
» 事例を見るの一覧を見る
【ランキング】2016年 AODP「Global Climate 500 Index:グローバル気候500インデックス」
2016/05/26 体系的に学ぶ

 機関投資家の気候変動リスクを調査・報告している国際NGOのAsset Owner Disclosure Project(AODP)は5月2日、機関投資家世界トップ500の格付とランキングを実施し、「2016 Global Climate 500 Index(グローバル気候500インデックス)」を発表しました。今年で4回目。気候変動では、昨年12月に気候変動枠組み条約パリ会議で長期目標が合意され、金融安定化理事会(FSB)でも気候変動 [...]

» 続きを読む
【エネルギー】日本の発電力の供給量割合[最新版](火力・水力・原子力・風力・地熱・太陽光等)
2016/05/18 体系的に学ぶ

 ここ数年、世界のエネルギーや発電に関する状況は様変わりしました。まず、東日本大震災を機に、日本でも世界でも原子力発電に関する否定的な考え方が強くなりました。また、アメリカでのシェール革命により天然ガスや石油の価格が急落。化石燃料の輸出入ルートも大きく変化しました。その中で、日本のエネルギー・電力の供給量割合がどのように変化したのか、紹介していきます。 日本のエネルギー・発電の供給量割合 (出所)経済産業省エネルギー庁「エネルギー白書 [...]

» 続きを読む
【エネルギー】世界の「一次エネルギー」の現状 〜発電・輸送・発電ロスの統計〜
2016/05/11 体系的に学ぶ

一次エネルギーとは  一次エネルギー(Primary Energy)とは、人間社会のエネルギー源として活用される天然資源から得られるエネルギーのことです。一次エネルギーには、電力エネルギーに変換される石炭、天然ガス、石油などや、ガソリンやジェット燃料などに変換される石油、給湯器に使われるガス、プラスチックなどの樹脂製品に加工される石油などが全て含まれます。また、太陽光発電エネルギー、水力発電エネルギーなどのエネルギーも一次エネルギーに [...]

» 続きを読む
【エネルギー】世界の風力発電導入量とビジネス環境 〜2015年の概況〜
2016/05/06 体系的に学ぶ

風力発電は再生可能エネルギーの中で最大規模  大きな風車が象徴的な風力発電。風力発電は気象現象として気圧差から発する風力を、風車で捉えてタービンを回し、その動力エネルギーを電力エネルギーに変える発電手法です。従来の化石燃料エネルギー型発電と比べ、二酸化炭素の排出量が著しく小さく、気候変動を抑制する効果が大きいとされています。 (出所)IEAのデータをもとに、ニューラル作成  一般的に再生可能エネルギーには、太陽光発電、太陽熱発電、風力 [...]

» 続きを読む
【エネルギー】世界各国の発電供給量割合[最新版](火力・水力・原子力・再生可能エネルギー)
2016/04/01 体系的に学ぶ

 この時代に海外に出かけるとどの国でも同じように電気が使えます。同じように電灯があり、コンセントがあり、電車が動き、電化製品が売られています。ところが、それぞれの国の発電状況はその国がおける地理的環境ごとに大きく異なります。先日は、資源に乏しく原子力発電所も稼働停止させた日本の現在の発電状況をご紹介しました。今回は世界各国の発電における奮闘を見ていきましょう。 世界の発電供給量割合  こちらの図は、国際エネルギー機関(IEA)が公表し [...]

» 続きを読む
【戦略】中国の「第13次5カ年計画(2016〜2020年)」、設定された社会・環境の定量目標
2016/03/23 体系的に学ぶ

 2016年3月に中国で開催された「両会」。この場で第13次5カ年計画が正式に可決され、中国共産党および中国政府の公式政策となりました。しかしながら、日本や欧米とは大きく異なる政治制度を採っている中国の話は、なかなかピンと来るものではありません。中国は、世界最大の人口、世界第2位のGDP、国連安全保障理事会常任理事国、通貨人民元は国際通貨基金の準備通貨SDRに採用、二酸化炭素排出量世界一など国際的に大きな存在感を示す大国である一方、そ [...]

» 続きを読む
» 体系的に学ぶの一覧を見る
【7/6 東京・ワークショップ】SDGsワークショップ
2016/06/20 行動する

 企業は、「持続可能な開発目標 (SDGs)」をいかに企業戦略に統合することができるのか?  この度、株式会社ソーシャルインパクト・リサーチ社は、東京大学大学院教育学研科の北村友人准教授、株式会社伊藤園常務執行役員笹谷秀光様、味の元株式会社グローバルコミュニケーション部PR・CSRグループシニアマネージャー中尾洋三氏をお招きして、企業はSDGs(持続可能な開発目標)をいかに戦略的に企業経営に統合することができるかと題したワークショッ [...]

» 続きを読む
【6/27-7/1 東京・研修】「EICC主任監査員コース」開催
2016/05/30 行動する

 株式会社エナジェティックグリーンは、国際NGOのVeritéが行う、電子業界行動規範(EICC)主任監査員コースの日本での運営を、サポートすることとなりました。  電子業界における監査員研修ではありますが、監査の一通りの流れや基本的事項を学ぶことのできる良い機会であると、エナジェティックグリーンは考えております。 EICC主任監査員コース概要 ■日程: 2016年6月27日~7月1日(5日間) ■場所: ホ [...]

» 続きを読む
【6/10 東京・当社協力セミナー】GRI国際会議報告とスタンダード化に関する最新動向
2016/05/22 行動する

「GRI国際会議報告とスタンダード化に関する最新動向シンポジウム2016」  GRIは、企業や政府が依拠しやすいようにと、現在のガイドラインから標準(スタンダード)に移行することを2015年11月に決定いたしました。サステナビリティ情報の開示を手引きするものであるガイドラインから標準に格上げすることで、グローバルに通用するソフトローとして市場に受入れられることを意図しています。GRIガイドライン第4版を基にして、それを標準へと移行する [...]

» 続きを読む
【6/3東京・セミナー】企業はESGと財務のパフォーマンスをいかに両立していくことができるか? 投資家への新たな機会
2016/05/17 行動する

 このたびブルームバーグでは、ソーシャルインパクト・リサーチとの共催で「企業はESGと財務のパフォーマンスをいかに両立していくことができるのか? 投資家に提供する新しい投資機会」と題したカンファレンスを開催する運びとなりました。  国際的にESG投資のメインストリーム化が進展する中、日本の上場企業には、ESGと財務の両方のパフォーマンスを高めていくことが求められています。 そこで今回のカンファレンスでは、講演とパネルデイスカッションを [...]

» 続きを読む
【7/12~13 東京・セミナー】「CSRブランディング」研修(超入門編・実践編)
2016/05/16 行動する

ビジネスと社会課題解決を両立させ、‘らしさ’で競争優位を創り出す 待望の戦略メソッド  現代のように変化の激しい経営環境においてこそ、企業は現代社会の要請や期待を的確に捉え、持続的な成長・中長期の企業価値向上に結びつけていく経営が求められています。  CSR(企業の社会的責任:Corporate Social Responsibility)は、ここ数年で格段の進化を遂げてきています。従来の「社会貢献活動」や「リスク対応型CSR」から、 [...]

» 続きを読む
災害時支援サイト「都道府県災害ボランティアセンター」改修のお知らせ
2016/04/21 行動する

 CSVを企業理念に掲げるキャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、弊社がシステム運営を行う“都道府県災害ボランティアセンター”の改修を行いました。 経緯  平成28年熊本地震の影響で被災した方々に充分な支援が行き届かない状況や、支援物資が特定の場所で滞ってしまう状況、支援物資を届けたいがどこに届ければ良いか分からないという状況を解消、軽減するため、より多くの人々を結びつける必要がある [...]

» 続きを読む
» おすすめ情報の一覧を見る
ページ上部へ戻る