【スウェーデン】カールスバーグのスウェーデン醸造所、100%バイオガスでの事業運営を達成 2017/12/03 最新ニュース

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグは11月24日、同社のスウェーデンのファルケンベリ醸造所が、100%バイオバス由来エネルギーでの事業運営を実現したと発表した。同醸造所は、熱エネルギーの26%を醸造所の廃水活用バイオガスで調達していたが、残りの74%は天然ガスだった。デンマークオン電力エルステッド(旧DONG ENergy)から認証付バイオガス購入を契約し、全量バイオガスに転換することに成功した。ファルケンベリ醸造所は、カールスバークのカーボン・ニュートラルを実現した第1号醸造所となった。

 カールスバーグは今年6月に同社のサステナビリティ・プログラム「Together Towards ZERO」を立ち上げ、2030年までに同社のビール工場での二酸化炭素排出量をネットでゼロにし、水消費量も半減させる目標を掲げている。そのため、事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標にする企業のイニシアチブ「RE100」にも参加し、2022年までに再生可能エネルギー割合を100%にすることをコミットしている。さらに消費者まで下流サプライチェーンでも二酸化炭素排出量を30%削減する。

 スウェーデンでは、再生可能エネルギー電力へのアクセスが容易で、バイオガスも入手しやすい。しかし、全ての国で同様にはいかない。カールスバーグは、状況に応じて、太陽光パネルの設立や再生可能エネルギーの購入も進めていく。カールスバーグ科学的根拠に基づく削減目標設定(SBT)により、気温上昇を1.5℃に収められるように設定されている。コンサルティング企業カーボントラストによると、パリ協定合意の2℃を上回る目標に基づいて行動を設定している企業は、カールスバーグと英BT(ブリティッシュ・テレコム)、英テスコの3社のみ。

【参照ページ】Carlsberg Group ready with first carbon-neutral brewery

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る