private 【国際】RMIとGRI、鉱物調達報告ガイダンス発行。透明性の向上を意図。先進11社が策定を担当 2019/10/18 最新ニュース

 電子機器業界サステナビリティ推進機関RBA(責任ある企業同盟)の紛争鉱物フリー推進イニシアチブ「責任ある鉱物イニシアチブ(RMI)」とGRIは10月15日、紛争鉱物関与リスクが高い地域からの鉱物調達に関するレポート作成ガイダンスをリリースした。同ツールは、RMIとGRIの協働により、セクター横断で各界を牽引する企業11社によって開発。OECDデュー・ディリジェンス・ガイダンスや規制等、様々な国際的なフレームワークに準拠している。  今回のガイダンス開発の背景には、政府や国際機関、投資家、取引先が、紛争鉱物に関する関心が高まっていることがある。スズ、タンタル、タングステン、金といった紛争鉱物やコバルト等の調達は、サプライチェーン上でネガティブな影響を与えるため、注視が必要。  企業は同ガイダンスには、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る