private 【国際】WBA、水産大手30社のサステナビリティ・ランキング発表。首位タイ・ユニオン。日本企業は低評価 2019/10/29 最新ニュース

 ビジネスの国連持続可能な開発目標(SDGs)推進国際NGOのWorld Benchmarking Alliance(WBA)は10月23日、世界水産関連大手30社のサステナビリティ・ランキング「シーフード・スチュワードシップ・インデックス・ランキング30」を発表した。水産企業をサステナビリティ観点で詳細にランキング化したのは初という。  水産物は世界的に取引されている食品の1つ。世界30億人、特に発展途上国の人々にとって重要な栄養源となっている。同業界は世界で数百万人の雇用を創出しており、数億人以上の生活を支えている。WBAは、水産企業を対象に「スチュワードシップ実践のガバナンスとマネジメント」「サプライチェーンのスチュワードシップ」「生態系」「人権と労働条件」「地域コミュニティ」の5領域について調査を行った。  ランキング首位は、ツナ世界最大手のタイ・ユニオン・グループ。同社は、ジョンウェストとチキンオブザシーブランドを傘下に持ち、環境および社会へのコミットメント、目標設定、活動の情報開示が評価された。2位は…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る