private 【国際】ブラックロック、2021年のフィンク・レターで気候変動と社会格差を強調。ESG投資のリターンに自信 2021/01/28 最新ニュース

 投資運用世界大手米ブラックロックのラリー・フィンクCEOは1月26日、投資先企業のCEOに向けた公開書簡2021年版を発表した。フィンクCEOは毎年このタイミングで、次の株主総会シーズンを意識した書簡を出しており、通称「フィンク・レター」とも呼ばれている。また、今年は同社のクライアントであるアセットオーナー向けの「フィンク・レター」も発表した。

 昨年のフィンク・レターでは、重要テーマとして、真っ先に気候変動を挙げ、「企業の長期展望を規定するファクター」と明言。そして2021年にもフィンク・レターの内容の大半が気候変動だった。新型コロナウイルス・パンデミックにより、気候変動でのトランジションはますます加速し、ESG投資のでの投資信託の額も前年比約2倍の2,880億米ドル(約30兆円)にまで積み上がったことを受け、ESGの動きは確たるものになっているとの見方を示した。

 気候変動に関しては、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る