private 【国際】CBI、淡水化プラントのグリーンボンド基準発行。省エネ基準や廃水塩分濃度で 2021/02/09 最新ニュース

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの気候債券イニシアチブ(CBI)は1月27日、水分野の気候債券基準(CBS)を改訂した。海水淡水化プラントに関する基準を追加した。

 水資源の希少性が高まる中、淡水化プラントの需要は高まっている。今後の世界の予測では、2025年までに世界人口の60%が水不足を経験する見込み。その中で、海水資源を脱塩して水資源に換える淡水化プラントは、現在でも3億人の飲水を支えている。今後人口増が進む上で、淡水化プラントへの依存度はますます高めると見られている。

 しかし、淡水化プラントには、高塩分濃度の廃水の問題と、さらに塩水蒸留型のプラントの場合は、蒸留に使う熱エネルギーでの二酸化炭素排出量の問題を抱えている。しかし淡水化プラントでの脱炭素化についてはまだ十分な関心が集まっていない。

 今回策定された淡水化のCBSでは、水分野の中でも淡水化独自の基準を策定。エネルギー効率は、1kWh当たりの二酸化炭素排出量を100g以下に抑える基準も設定した。また給水と廃水塩分濃度についてのチェックポイントも設けた。

 今回の新基準は、水分野のテクニカル・ワーキンググループで原案を策定し、CBS理事会で承認された。

【参照ページ】Climate-Aligned Desalination: Expansion to Climate Bonds Water Criteria: Certification now open for Desalination Plants

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る