【日本】トヨタとパナソニック合弁、EVバッテリー生産ライン増強。推計5.4GWh分 2021/05/23最新ニュース

【日本】トヨタとパナソニック合弁、EVバッテリー生産ライン増強。推計5.4GWh分 1

 トヨタ自動車とパナソニックのEVバッテリー生産合弁会社プライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES)は5月19日、兵庫県姫路市と中国・大連市の既存工場を拡張すると発表した。車載用角形リチウムイオン電池の生産能力を増強する。

 同社は2020年4月に操業開始。出資構成は、トヨタ自動車51%、パナソニック49%。姫路工場では、電気自動車(EV)用角形リチウムイオン電池を年8万台分相当増産。同社子会社大連プライムプラネットエナジー有限公司(PPEDL)の大連工場では、ハイブリッド自動車(HV)用角形リチウムイオン電池を年40万台分相当増産する。双方とも2021年内に生産を開始する。

 トヨタ自動車のEVバッテリー生産・調達規模は、現在年間約6GWh。一方、5月に発表した計画を達成するには、約180GWhのEVバッテリーが必要になる模様。今回の工場拡張では、EV用で5.0GWh、BEV用で0.4GWh分の生産能力が増える見込み。今回の増強の32倍の生産・調達体制整備が必要となることになる。

【参考】【日本】トヨタ、2030年のEV・FCV販売目標を倍増。電動車全体で800万台(2021年5月17日)

【参照ページ】プライム プラネット エナジー&ソリューションズ、車載用リチウムイオン電池の生産体制を強化

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links