private 【ドイツ】ポルシェとカスタムセルズ、電池セルでBASFを独占提携先に選定。工場残渣リサイクルも 2021/07/24 最新ニュース

 ドイツ自動車大手ポルシェとドイツ・リチウムバッテリー大手カスタムセルズの合弁会社セルフォース・グループ(CFG)は7月21日、次世代EVリチウムバッテリーの独占セル開発パートナーにBASFを選定したと発表した。

 ポルシェとカスタムセルズは6月21日、セルフォース・グループの設立を発表し、共同でバッテリーを量産していくことを発表。年間100MWh以上の生産能力を持つ工場を2024年に操業開始すると発表した。高級スポーツ車1000台分の容量となる。ポルシェは、セルフォース・グループに数千万ユーロ(数十億円)を投じている。

 BASFは、今回の提携で、高エネルギーHED NCM(ニッケルコバルトマンガン酸化物)正極活物質を提供する。BASFは、サステナビリティ調達、二酸化炭素排出量の最小化にこだわった電池材料生産工場を2022年から稼働する予定。

 またBASFは、セルフォース・グループの電池工場から出る副生廃棄物を、BASFのシュヴァルツハイデの電池リサイクル工場でリサイクルする。具体的には、リチウム、ニッケル、コバルト、マンガンは、湿式製錬プロセスでリサイクルし、正極活物質の製造プロセスに再投入する。

【参照ページ】BASF and Porsche partner to develop high-performing lithium-ion batteries for electric vehicles

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る