【日本】国交省、2022年度国土交通白書で気候変動をテーマ。脱炭素化が不可欠 2022/06/22最新ニュース

【日本】国交省、2022年度国土交通白書で気候変動をテーマ。脱炭素化が不可欠 1

 国土交通省は6月21日、2022年度の「国土交通白書」を公表。今年のテーマとして気候変動を取り上げた。気候変動による気象災害のリスクに的確に対応するためには「脱炭素化が不可欠」と表現した。

 今回の白書では、気候変動による災害の増加・激甚化の状況や、ヒートアイランド現象により都市部では特に気温が上昇していることをデータで紹介。また、日本では、洪水・土砂災害リスクの高いエリアに多くの人々が居住しており、人々が洪水・土砂災害へのリスクにさらされているとした。但し、日本政府としても分析・対策が遅れている海面上昇についてはほとんど触れなかった。

 また、国土交通省が所管している住宅・建物、交通・物流、まちづくり等の分野でカーボンニュートラル化を進めていく方向性を整理。また再生可能エネルギーや水素エネルギーへの転換が重要となることも指摘した。

 白書の後半では、市民・消費者のライフスタイルの動向についても分析結果を紹介。脱炭素型ライフスタイルに向けては、費用負担感を伴わないことに加え、生活の利便性維持等、二酸化炭素排出削減以外の付加価値が求められており、快適さや健康など生活の質に関する付加価値の創出も重要であることがうかがえるとした。

【参照ページ】「令和4年版国土交通白書」を公表します

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links