【アメリカ】カリフォルニア州、新築住宅に太陽光発電パネルの設置義務化を決定。全米初

Facebook Twitter Google+

 カリフォルニア州エネルギー委員会は5月9日、気候変動対策の一環として、2020年1月1日以降に同州で建築される単世帯住宅および3階建までの複数世帯住宅に太陽光発電システムの設置を義務付けることを決定した。同措置は全米初。カリフォルニア州エネルギー委員会は、同州政府自然資源庁(CNRA)に設置された委員会で、エネルギー政策を所管。今回の措置は同委員会の全会一致で可決された。  同州は、1970年代に住宅に新たな省エネ基準を設定し、以後 [...]

» 続きを読む

【国際】WELL認証のIWBI、専門家資格WELL AP取得者が71ヶ国5千人を突破

Facebook Twitter Google+

 健康ビルディング認証団体米IWBI(International WELL Building Institute)は5月10日、WELL認証の専門家資格「WELL Accredited Professional(WELL AP)」の取得者数が71ヶ国5,000人を突破したと発表した。  WELL AP認証取得者には、設計士、デザイナー、ビジネスリーダー、WELL認証支援者等、幅広い関係者が取得している。今後、認証取得者のネットワーク団 [...]

» 続きを読む

【リトアニア】政府、グリーンボンド国債26億円発行。世界7番目の発行国

Facebook Twitter Google+

 リトアニア財務省は4月30日、同国初となるグリーンボンド国債を2,000万ユーロ(約26億円)発行した。グリーンボンド国債の発行は、ポーランド、フランス、フィジー、ナイジェリア、インドネシア、ベルギーに次いで7カ国目となる。バルト海諸国での発行は世界初。同国債は5月3日、ナスダック・ヴィリニュスに上場した。リトアニア政府は今後3年間で合計6,800万ユーロのグリーンボンド国債発行を予定している。  同グリーンボンドは、年限10年、ク [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、世界初のファシリティマネジメント規格ISO41001をリリース

Facebook Twitter Google+

 ISO(国際標準化機構)は4月24日、ファシリティマネジメント(FM)規格「ISO41001」をリリースした。ファシリティマネジメント分野の国際規格はISO41001が世界初。同規格は、健康・ウェルビーイング、空間活用、維持管理、セキュリティ、衛生、環境、オフィス費等、幅広い分野をカバーしている。  ISO41001は、世界各国のベストプラクティスを参考に策定され、自社の不動産管理を行う観点だけでなく、不動産管理先をアウトソースする [...]

» 続きを読む

【国際】WELL認証のIWBI、7ヶ国のグリーンビルディング推進機関と提携。WELL認証拡大目指す

Facebook Twitter Google+

 健康ビルディング認証団体米IWBI(International WELL Building Institute)は4月16日、各国のグリーンビルディング推進機関とパートナーシップを締結したと発表した。パートナーとなったのは、日本のグリーンビルディングジャパン(GBJ)、米国のGreen Building Certification Inc.(GBCI)、カナダのCanada Green Building Council(CaGBC) [...]

» 続きを読む

【フランス】欧州初のグリーン商業不動産ローンが誕生。パリ市建設予定のオフィスタワー融資

Facebook Twitter Google+

 カナダ不動産大手Ivanhoé Cambridgeと仏保険大手Natixis Assurancesは3月7日、気候債券イニシアチブ(CBI)から欧州初のグリーン商業不動産ローン認定を受けた。認定を受けたのは、パリ市に建設予定の「DUO towers」への融資4億8,000万ユーロ(約630億円)。融資は、クレディ・アグリコルの投資銀行子会社クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンクが主幹事を務め、BNPパリ [...]

» 続きを読む

【日本】WWFジャパン、日本の建設・不動産の気候変動対応ランキング公表。積水ハウスが首位

Facebook Twitter Google+

 国際NGO世界自然保護基金(WWF)の日本支部、WWFジャパンは2月23日、日本の建設・不動産業34社を対象とした「温暖化対策ランキング」を発表した。そのうち9社は、2016年に環境報告書等を発行しておらず、実際には25社のみが対象となった。ランキングでは、目標及び実績に関する11項目と、情報開示に関する10項目の全21項目で評価を実施。また、WWFジャパンが重要指標と認める「長期ビジョン」「削減量の単位」「省エネルギー目標」「再生 [...]

» 続きを読む

【国際】グリーンビルディング認証LEED、WELL、RESETが戦略的提携発表。データを相互連携

Facebook Twitter Google+

 IWBI(International WELL Building Institute)、米国グリーンビルディング協会(USGBC)、米グリーンビルディング評議会(GBCI)、中国グリーンビルディング認証機関GIGAの4者は11月22日、グリーンビルディング認証に関する戦略的提携を結んだと発表した。IWBIのWELL認証、USGBCとCBCIが管理している「LEED認証」、GIGAが管理している「RESET認証」のデータを、相互にシェ [...]

» 続きを読む

【国際】GRESB、上場不動産企業とREITのESG情報開示度を分析。データベース公開

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)は11月6日、不動産業界会社の重要ESG情報開示レベルをまとめたデータベースと現状評価レポート「Public Disclosure Snapshot」を公表した。分析対象は、REITインデックスFTSE EPRA/NAREIT Developedと不動産企業インデックスGPR250に含まれる全銘柄463。そのうちGRESBリアル・エステ [...]

» 続きを読む

【国際】不動産ESG評価GRESB、不動産会社やファンドを対象とした「事前評価」サービス新設

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)は10月23日、不動産ESG評価の簡素版「GRBSBリアルエステイト事前評価(GRESB Pre-Assessment)」を新設した。従来の包括的なGRESB不動産評価と比べ、時間や手続きを大幅に削減することができる。GRESBは、これにより、包括的なGRESBリアルエステイト評価を実施する判断や大まかなESG評価をまず実施したいという [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る