【国際】IFPMA、薬剤耐性菌対策で1070億円ファンド設立。2050年まで毎年死者千万人のおそれ

Facebook Twitter Google+

 国際製薬団体連合会(IFPMA)は7月10日、製薬企業20社以上と協働し、薬剤耐性(AMR)菌対策支援ファンド「AMR Action Fund」を設立したと発表した。2030年までに新規の抗菌薬を2剤から4剤の製品化を目指し、10億米ドル(約1,070億円)を投資していく。2020年第4四半期中に運用開始予定。  AMRとは、抗生物質に対する耐性を細菌が獲得し、細菌感染に対する治療を無効化してしまうもの。耐性菌による感染症は死亡者数 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】REMAP-CAP、新型コロナ治療の臨床試験対象薬を選定。エーザイ製エリトラン採用

Facebook Twitter Google+

 エーザイは、国際イニシアチブ「Global Coalition for Adaptive Research(GCAR)」及びピッツバーグ大学医療センター(UPMC)と共同で、アダプティブ・プラットフォーム臨床試験「REMAP-CAP」のサブスタディー「REMAP-COVID」に参画すると発表した。同臨床試験初となる評価対象治験薬には、エーザイのTLR4拮抗剤エリトランが採用。中等度の新型コロナウイルス患者に対する有効性が評価される。 [...]

» 続きを読む

【日本】エーザイ、顧みられない熱帯病(NTDs)分野で1億円拠出。治療薬無償提供やツール普及支援

Facebook Twitter Google+

 エーザイは6月10日、アフリカにおける新型コロナウイルス・パンデミックや、顧みられない熱帯病(NTDs)対策として、100万米ドル(約1.1億円)を寄付すると発表した。  NTDsとは、熱帯地域、貧困層を中心に蔓延する寄生虫や細菌感染症のこと。エイズ、マラリア、結核の3大感染症と比べ、国際的な関心が薄く、十分な対策がなさられずにいた。世界保健機関(WHO)は、ブルーリ潰瘍、シャーガス病(アメリカトリパノソーマ)、デング熱、メジナ虫症 [...]

» 続きを読む

【ランキング】2015年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

Facebook Twitter Google+

※最新年度版は【ランキング】2017年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」へ 世界経済フォーラムが毎年1月にスイス東部のダボスで開催するダボス会議。同フォーラムで毎年恒例のセッションとなっているのが“Global 100 Most Sustainable Corporations in the World” (Global 100 Index)であり、この結果がカナダの出版社により「世界 [...]

» 続きを読む
2015/01/27 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る