private 【アジア】スターバックス、アジアで代替肉等の植物由来食品の投入を発表。台湾、ASEAN等

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは9月8日、9月からアジア・太平洋地域で代替肉等の植物性由来の食品や飲料をメニューに加えていくと発表した。同社は1月に「リソース・ポジティブ」戦略を発表し、事業運営による環境フットプリントを2030年までにプラスに転ずることを明確にしている。 【参考】【アメリカ】スターバックス、「リソース・ポジティブ」事業運営を宣言。2030年環境目標も3つ設定(2020年1月27日)  食品の分野では、 ( [...]

» 続きを読む

【北米】スターバックス、ストロー不要飲料フタの標準仕様開始。使用後はリサイクル

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは9月10日、米国とカナダの店舗で、ストロー不要で飲める飲料カップのフタを投入したと発表した。フタはリサイクル可能な素材で生産され、同社としてもリサイクルを目指す。ストロー不要飲料カップのフタの開発は、同社が2018年にプラスチック製使い捨てストローの廃止を決めたときから言及されていた。 【参考】【国際】米スターバックス、2020年までに世界全体で使い捨てプラスチック製ストロー廃止(2018年 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】スターバックス、店舗でのDX計画発表。新型コロナ受け持ち帰り販売店舗強化

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは6月10日、新型コロナウイルス・パンデミックでの対応とデジタル化での新たな知見を得、全米店舗でのデジタルトランスフォーメーション(DX)計画を発表した。デジタル技術を活用し、ドライブスルーや持ち帰り品販売の店舗を増やす。これまで重点を置いてきたカフェテリア型以外の店舗戦略を打ち出した。  同社によると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】スターバックス、Black Lives Matterを全面支援に方針転換。Tシャツ25万枚も配布

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは6月12日、店舗スタッフに対し、アフリカ系米国人への人種差別問題を喚起する「Black Lives Matter」というメッセージの着いたボタンやピンバッチの着用を禁止していた問題で、先の方針を撤回し、「Black Lives Matter」を全面支援する方針を発表した。スタッフの安全面よりも、スタッフの意思を重視する方針に転じた形。  今回の一連の流れは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】ビヨンド・ミート、スターバックス3300店舗で代替肉活用商品の販売開始。中国初進出

Facebook Twitter Google+

 代替肉世界大手米ビヨンド・ミートの代替肉を活用した商品の販売が4月21日、中国のスターバックス3,300店舗以上で開始された。ビヨンド・ミートの肉が中国で販売されるのは今回が初めて。食品市場第2位の中国への進出を果たした。  スターバックスは、新型コロナウイルスの影響で中国にある約4,300店舗が休業していたが、3月中旬から順次営業を再開し、すでに95%が通常営業に戻っている。営業再開早々、代替肉がメニューに加わるという華々しいデビ [...]

» 続きを読む

【国際】スターバックス、全米店舗の順次再開計画発表。一方、日本では休業態勢に。マクドナルドも

Facebook Twitter Google+

 米スターバックスのケビン・ジョンソンCEOとロザン・ウイリアムズ・エクゼクティブ・バイスプレジデントは4月16日、新型コロナウイルス・パンデミックの対応で、世界中の従業員に向け公開書簡を発表。5月4日から米国で展開する15,000店舗を順次再開する計画を示した。感染防止のための安全策等は打つ。 【参考】【アメリカ】マクドナルドとスターバックス、店内飲食禁止発表。新型コロナ感染拡大阻止を優先(2020年3月18日)  スターバックスは [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】マクドナルドとスターバックス、店内飲食禁止発表。新型コロナ感染拡大阻止を優先

Facebook Twitter Google+

 米マクドナルドと米スターバックスは、新型コロナウイルスへの対策のため、直営店での店内飲食を全面禁止し、ドライブスルー、店内での持ち帰り品販売またはデリバリーのみの営業に切り替えると発表した。感染拡大を阻止する姿勢を示した。  米マクドナルドの決定は (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】スターバックス、「リソース・ポジティブ」事業運営を宣言。2030年環境目標も3つ設定

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスのケビン・ジョンソンCEOは1月21日、今後数十年をかけ事業運営を通じて有効資源を生み出していく「リソース・ポジティブ」を実現すると宣言した。経済活動は一般的に資源を消費する「リソース・ネガティブ」な状況だが、それを覆す事業運営を目指す。  今回同社が掲げたビジョンは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】スターバックス、シカゴで社会的弱者向けファイナンス拡充。4団体に投資

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは10月29日、コミュニティ開発金融機関基金(CDFI)4団体に合計1,000万米ドル(約10.9億円)を投資すると発表した。米シカゴ市の社会的弱者向けのファイナンス提供を拡大し、生活改善をサポートする。  今回の資金を得るのは、アクシオン・シカゴ、シカゴ・コミュニティ・ローン・ファンド(CCLF)、ローカル・イニシアチブ・サポート・コーポレーション(LISC)、IFFの4団体。地域のち県や、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】スターバックス株主、マグカップ等での飲料提供割合25%以上の提案に44.5%が賛成

Facebook Twitter Google+

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは、3月下旬に開催された株主総会で、飲料カップの25%以上をマグカップ等の何度も使えるものにし、使い捨てカップもリサイクルするよう求める株主提案に44.5%が賛成した。昨年にも同様の株主提案があったが賛成は29%で、今年は大きく増加した。米ESG投資推進NGOのAs You Sowが3月27日、発表した。  スターバックスは2008年、2015年までに飲料カップの25%以上をマグカップ等で提供 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る