【国際】IFPMA、薬剤耐性菌対策で1070億円ファンド設立。2050年まで毎年死者千万人のおそれ

Facebook Twitter Google+

 国際製薬団体連合会(IFPMA)は7月10日、製薬企業20社以上と協働し、薬剤耐性(AMR)菌対策支援ファンド「AMR Action Fund」を設立したと発表した。2030年までに新規の抗菌薬を2剤から4剤の製品化を目指し、10億米ドル(約1,070億円)を投資していく。2020年第4四半期中に運用開始予定。  AMRとは、抗生物質に対する耐性を細菌が獲得し、細菌感染に対する治療を無効化してしまうもの。耐性菌による感染症は死亡者数 [...]

» 続きを読む

private 【日本】中外製薬、創薬支援AIによりDX推進。情報解析FRONTEOとライセンス契約締結

Facebook Twitter Google+

 中外製薬は5月29日、情報解析企業FRONTEOと創薬支援人工知能(AI)システムのライセンス契約を締結したと発表した。中外製薬のデジタル・トランスフォーメンション推進の一環。同社は、企業価値の源泉である創薬研究におけるAIの活用は、最も重要なテーマの一つだとした。  同社が今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本・シンガポール】中外製薬、シンガポール科学技術研究庁と協働。新型コロナ抗体医薬開発

Facebook Twitter Google+

 中外製薬シンガポール子会社の中外ファーマボディ・リサーチ(CPR)は5月8日、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)と、新型コロナウイルス感染症に対する抗体医薬品の共同研究を開始したと発表した。中外製薬は、日本に本部を置く国際的な発展途上国向け創薬基金のグローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)から助成を受け、以前からA*STARと協働。デング熱に関する研究プロジェクトを実施してきた。  今回の共同研究は、 (さらに&h [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る