private 【国際】米国務省、2020年版人身取引報告書発表。日本は政府の対策不十分で格下げ

Facebook Twitter Google+

 米国務省人身取引監視対策部は6月25日、各国の人身売買防止への取り組みを評価した2020年版「人身取引報告書」を公表。日本政府の違反労働者の取り締まりの甘さや、被害者保護の不足を指摘し、日本の評価をTier1からTier2に格下げした。一方、韓国と台湾はTier1だった。 【参考】【国際】米国務省、2018年版人身取引報告書発表。日本は17年間で初の最高位取得(2018年7月4日)  米国務省は毎年、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】米国務省、2018年版人身取引報告書発表。日本は17年間で初の最高位取得

Facebook Twitter Google+

 米国務省人身取引監視対策部は6月28日、2018年版の「人身取引報告書(Trafficking in Persons Report)」を発表した。同報告書は略して「TIPレポート」とも呼ばれている。この報告書での「人身取引」とは、暴力、詐欺、威圧等の手段を通じて他人に労働や商業目的の性行為を強いる行為を指す。今回の報告書では、遠洋漁業船での長時間強制労働の事例や、性行為ビジネスに巻き込まれたLGBTIの若者等の事例が取り上げられてい [...]

» 続きを読む

【国際】米国務省、2017年版人身取引報告書発表。日本は最高位の評価取れず

Facebook Twitter Google+

 米国務省人身取引監視対策部は6月27日、2017年版の「人身取引報告書(Trafficking in Persons Report)」を発表した。同報告書は略して「TIPレポート」とも呼ばれている。この報告書での「人身取引」とは、暴力、詐欺、威圧等の手段を通じて他人に労働や商業目的の性行為を強いる行為を指す。今回の報告書では、遠洋漁業船での長時間強制労働の事例や、性行為ビジネスに巻き込まれたLGBTIの若者等の事例が取り上げられてい [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る