private 【アメリカ】IBM、高校生向けに有償インターンシップ機会を1000人分提供。格差是正に向け

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米IBMは7月20日、社会的支援が必要な米国コミュニティ向けの学生1,000人を有償インターンとして採用すると発表した。人種差別への関心が高まる中、社会的支援が必要なコミュニティに学生にエンジニアとしてのキャリアを用意する。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

【イギリス】政府統計局、新型コロナ関連死亡率は最困窮地域で2倍。格差影響が浮き彫りに

Facebook Twitter Google+

 英政府統計局(ONS)は6月12日、イングランドとウェールズにおける2020年3月1日から5月31日の3カ月間に発生し、6月6日までに届出が提出された新型コロナウィルスの感染者数、死亡者数、10万人当たりの年齢調整死亡者数と地域および社会経済状況等についての分析結果を発表した。死亡者数は死亡診断書に「コロナに起因」または「コロナに関連していた」と記載されているケースを対象として集計。地方行政庁に登録されていない人と生後28日未満の新 [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、投資家向けに投資先企業の所得格差是正アクションレポート発表。投資リスク認識呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は10月24日、社会の所得格差を是正するため、署名機関に対し、所得格差拡大じよる投資リスクと是正に向けた機関投資家の推奨アクションを整理したレポートを発表した。数あるESGファクターの中でも。所得格差是正は最も賛否が分かれると言っても過言ではない分野。所得格差は、機関投資家自身にとってもセンシティブな問題となるため、PRIは思い切ったレポートを出したと言える。今回のレポートの冒頭では、PRI理事を務める水野 [...]

» 続きを読む

【イギリス】CIPD、FTSE100採用企業のCEO報酬が11%上昇と発表。CEO従業員所得格差145対1に

Facebook Twitter Google+

 英労働専門機関Chartered Institute of Personnel and Development(CIPD)は8月15日、FTSE100採用企業のCEO報酬の中央値は、2016年から2017年にかけ11%上昇し、393万ポンド(約5.5億円)と発表した。英国では経営陣と従業員の所得格差が問題となり、格差報告義務化法も制定されたが、実際にはさらに格差が開いていた。  今回の調査では、PersimmonとMelrose I [...]

» 続きを読む

【アメリカ】上場企業の役員と従業員の給与格差開示義務が開始。初年度情報開示に注目集まる

Facebook Twitter Google+

 米国では2018年から、上場企業に対し役員報酬と一般社員の給与格差の開示義務が課される。発端は、2010年7月に制定された「ドッド=フランク・ウォール街改革及び消費者保護法」で、役員報酬に対する株主権限を強化した「SAY ON PAY」が世界に先駆けて法制化された。それに基づき、2015年8月に米証券取引委員会(SEC)が、主要な役員(PEO)の報酬と一般社員の給与格差(ペイ・レシオ)を開示する最終ルール(ファイナル・ルール)を発表 [...]

» 続きを読む

【インド】仏経済学者ピケティ氏ら、広がるインドでの所得格差の実態を分析。ペーパー発表

Facebook Twitter Google+

 ベストセラー本「21世紀の資本」で著名なトマ・ピケティ氏と経済学者リュカ・チャンセル氏は9月5日、新たな研究ペーパー「Indian income inequality, 1922-2014: From British Raj to Billionaire Raj」を発表した。ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国中、とりわけ経済発展が遅れてきたインドでの所得格差の状況を分析した。1922年に英国の植民地統治下にあった [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る