【フランス】大手スーパーの食品廃棄を禁止、寄付・転用を義務化へ

Facebook Twitter Google+

 フランスで、廃棄物削減と貧困層支援という2つの社会課題を同時に解決するための法律が生まれた。フランス議会は5月21日、大手のスーパーマーケットらに対して、売れ残った食品の廃棄を禁止する法案を満場一致で可決した。  英ガーディアン紙によると、今後フランスの大手スーパーらは売れ残った食品を廃棄する代わりに貧しい人々への食料配給を行っている慈善団体に寄付するか、家畜用の飼料や堆肥へ転用することが義務付けられるという。また、400平米以上の [...]

» 続きを読む

【中国】アップル、WWFと協働して中国の100万エーカーの森林保護を発表

Facebook Twitter Google+

 米アップルは5月10日、世界自然保護基金(以下、WWF)と協働して、木材の生産量、消費量ともに世界一の中国において森林100万エーカーを購入し、紙や木材の持続可能な調達に向けて森林を保護・管理する5年間のプロジェクトを実施すると発表した。中国では増え続ける紙需要に応えつつ、より少ない土地、水で紙を生産し、環境への負荷を削減する取り組みが徐々に広まりつつあるが、今回のアップルとWWFの提携により、中国における森林保護の動きはさらに加速 [...]

» 続きを読む

【国際】2030年までに世界の森林破壊の80%以上が11地域に集中。WWF調査。

Facebook Twitter Google+

 世界自然保護基金(以下、WWF)が発行しているLiving Forests Reportシリーズ最新号の調査報告によると、世界中で2030年までに 生じる森林破壊の80%以上は11カ所(うち10カ所は熱帯地域)に集中するという。現状のままでは、最悪の場合2010年から2030年の間に1億7千万ヘクタールの森林破壊が"Deforestation Fronts"(破壊前線)で起こる可能性がある。  この「破壊前線」は特に森林破壊が進行し [...]

» 続きを読む

【国際】Corporate Reporting Dialogue、企業報告の主要8フレームワークの俯瞰マップを公開

Facebook Twitter Google+

 企業報告に関する代表的なイニシアチブのCDP、GRI、CDSB、FASB、IASB、ISO、SASB、IIRCの8団体による共同組織、Corporate Reporting Dialogueは5月6日、各団体のフレームワークや基準、要求事項などを一覧で比較、俯瞰できるランドスケープマップを公開した。  Corporate Reporting Dialogueは、企業報告に関する複数の団体のフレームワークや基準の一貫性や比較性を高めて [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ディズニーリゾート、食品廃棄ゼロへの取り組みでEPAから表彰

Facebook Twitter Google+

 米国環境保護庁(以下、EPA)は4月28日、カルフォルニア州ロサンゼルスのディズニーリゾートを、食品廃棄ゼロを目指してEPAが展開しているプログラム、Food Recovery Challenge Awardにおいて米国内のテーマパークの中で最も優れた実績を挙げたとして表彰した。  EPAのFood Recovery Challengeは、企業らと提携して食品の廃棄を減らすためのキャンペーンプログラムで、食料品会社や教育機関、スポー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】セリーズ、大手食品会社らの水リスク対応力を評価したランキングを公表

Facebook Twitter Google+

 米国の大手食品会社らは、世界の水資源をより効率的に利用するために現在より遥かに厳格な基準に移行しなければならない。サステナビリティ分野のアドボカシーNPOのセリーズは5月7日、米国の大手食品会社37社の水リスク対応力を評価した報告書"Feeding Ourselves Thirsty: How the Food Sector is Managing Global Water Risks"を公表し、そう結論づけた。  同報告書によると [...]

» 続きを読む

【アメリカ】AIAG、自動車業界サプライチェーンの責任ある事業慣行促進に向けツールを公表

Facebook Twitter Google+

 全米自動車産業協会(Automotive Industry Action Group、以下AIAG)は4月29日、自動車関連企業らが倫理的かつ責任ある形で事業を展開していくための新たなツールおよびトレーニングプログラムを公開した。AIAGは、自動車業界のステークホルダーらが集まり業界共通の課題解決に取り組む非営利業界団体だ。  一連のツールおよびトレーニングは、昨年トヨタ自動車やフォード、ゼネラルモーターズなど大手自動車メーカー14 [...]

» 続きを読む

【フランス】ユニリーバ、NGOらと協働してサステナビリティ・キャンペーンを展開

Facebook Twitter Google+

 次々と革新的なサステナビリティ活動を展開しているユニリーバが、NGOらと協働による新たな動きを見せている。グローバルに事業を展開する消費財最大手のユニリーバは4月28日、貧困の撲滅に取り組むGlobal Citizenおよび、気候変動キャンペーンを展開するLive Earth: Road to Parisと協働し、持続可能な社会の実現に向けて消費者に呼びかけていくことを発表した。  これらの協働はユニリーバが展開するUnilever [...]

» 続きを読む

【国際】海洋の資産価値は24兆米ドルだが、資産は急激に減少中。WWF調査

Facebook Twitter Google+

 世界自然保護基金(以下、WWF)は4月22日、地球の海洋が持つ資産価値を算定した報告書、"Reviving the Ocean Economy: The Case for Action"を公表した。同報告書によると、地球上の主たる海洋資産の価値は少なく見積もっても24兆米ドル以上にのぼり、海洋がもたらす商品・サービスの価値は年間2.5兆米ドルに相当し、世界の経済大国上位10カ国のGDPと比較すると第7位にランクインするという。一方で [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】1億5300万トンのCO2排出を左右する意思決定を迫られるEU

Facebook Twitter Google+

 現行のEU排出量取引制度における排出権の供給過剰の解消に向け、EU各国の政策立案者らはMSR(Market Stability Reserve、市場安定化リザーブ)の導入に向けた最終決定段階に入っている。しかしながら、今後10年間の温室効果ガス排出量に大いに影響を与えうるMSRの開始時期についての意見が加盟各国間で分かれているのが現状だ。  市場安定化リザーブとは、余剰排出権の一定量をリザーブ(積み立て枠)に出し入れすることで排出権 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る