private 【北米】マクドナルド、カーギル、ウォルマート財団、持続可能な放牧でWWFと協働。6.3億円拠出

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルド、食品世界大手米カーギル、小売世界大手米ウォルマートのウォルマート財団の3者は9月22日、持続可能な放牧の実現に向け、世界自然保護基金(WWF)が率いる新イニシアチブ「Ranch Systems and Viability Planning(RSVP)」に対し、600万米ドル(約6.3億円)以上の資金を拠出すると発表した。  同イニシアチブは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】食品大手アイスランド、プラスチック消費・リサイクルの詳細データ開示。業界をリード

Facebook Twitter Google+

bbbbbbbbbbbb  英食品大手アイスランドは9月16日、包括的なプラスチック消費・廃棄の状況を示したレポート「プラスチック・フットプリント」の2019年版を公表した。プラスチックの廃棄物やリサイクルの量を開示する企業は増えているが、自社ブランド製品と他社ブランド製品の双方でプラスチック消費の詳細を開示する企業はまだ世界的に珍しい。  同レポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】エレン・マッカーサー財団、サーキュラーエコノミー調達フレームワーク発表

Facebook Twitter Google+

 サーキュラーエコノミー推進の英エレン・マッカーサー財団は9月21日、企業調達においてサーキュラーエコノミーを組み入れるためのガイドライン「サーキュラーエコノミー調達フレームワーク」を発表した。同ガイドラインでは、調達方針で遵守すべき原則や実践的なアドバイスを示した。  エレン・マッカーサー財団は、 (さらに…)

» 続きを読む

【中国】習近平主席、国連総会で2060年カーボンニュートラル目標を宣言。2030年までにピークアウト

Facebook Twitter Google+

 中国の習近平国家主席は9月22日、国連総会の会合にオンラインで出席し、2060年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を目指す新目標を発表した。中間目標として2030年までに二酸化炭素排出量をピークとし、以降は減少させることも同時に発表した。パリ協定の新目標として国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に提出する。  パリ協定批准後に中国政府が、UNFCCCに提出していた現行目標は「2030年までにGDP当たりの [...]

» 続きを読む

private 【国際】国連グローバル・コンパクト、2020年リーダー企業表彰41社発表。日本からは1社のみ

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は9月20日、各国で最もUNGCの原則や活動にコミットした企業を表彰する「グローバル・コンパクト・リード」の2020年の選出企業を発表した。41社が選ばれ、複数の企業が選定された国もある。  今回の選出基準は、UNGCの署名機関であり、2つ以上のUNGCのアクション・プラットフォームに参加していることが条件となっている。その上でUNGCが掲げる10原則についての進捗状況を年次のサステナビリティレ [...]

» 続きを読む

private 【国際】蘭環境NGO、食品・消費財大手10社の廃プラ削減アクションを不十分と批判。他のNGOも批判

Facebook Twitter Google+

 オランダ環境NGOのChanging Markets Foundationは9月17日、消費財世界大手10社のプラスチック資源のサーキュラーエコノミー化の状況を分析したレポートを発表。完成形には程遠いとの評価を下し、徹底させるためには法制化が必要との意見を披露した。  今回の調査対象となった10社は、コカ・コーラ、ペプシコ、ダノン、ネスレ、マース、モンデリーズ・インターナショナル、P&G、ユニリーバ、ペルフェティ・ファン・メレの10 [...]

» 続きを読む

【マルタ】政府、ペットボトル回収・払戻制度開始。リサイクル率85%目指す

Facebook Twitter Google+

 マルタ環境・気候変動・計画省は9月14日、空きペットボトルの回収・払戻制度を導入するを決定したと発表した。政府は今後14ヵ月で、回収・払戻機を全国に350台配置すると同時に、事業者には回収・リサイクルが義務付けられる。アーロン・ファルギア環境・気候変動・計画相は、同制度の導入でペットボトル廃棄物のリサイクル率を85%にまで引き上げる考え。  地中海の島国のマルタでは、海洋プラスチック問題を抱えており、プラスチック廃棄物の削減の検討を [...]

» 続きを読む

private 【国際】日米加英の専門官僚、原子力エネルギーの柔軟性の高い運用で提言レポート発表

Facebook Twitter Google+

 クリーンエネルギー大臣会合(CEM)の事務局は9月15日、原子力エネルギーの柔軟性のある運用に関するレポートを発表した。新たなテクノロジーの開発が進む中、原子力エネルギーについても硬直的な運用ではなく、需要に応じて柔軟に発電等を行うことの可能性を示した。  クリーンエネルギー大臣会合は、世界28ヶ国のエネルギー関連相が集う会合。しかし今回のレポートは、大臣会合ではなく、米国、カナダ、英国、日本の4ヶ国官僚による分析レポートの形で発表 [...]

» 続きを読む

private 【国際】2°ii、銀行融資向け気候変動移行リスク評価ツール「PACTA for Banks」発表

Facebook Twitter Google+

 金融業界の気候変動対応を促す国際イニシアチブ2° Investing Initiative(2°ii)は9月15日、銀行向けの気候変動移行リスク評価ツール「PACTA for Banks」ツールキットを公開した。同ツールを活用すると、融資業務を対象とした気候変動シナリオ分析を可能となる。  2°iiは、機関投資家向けに投資ポートフォリオでの気候変動シナリオ分析ツール「Pacta」を先にリリースしており、すでに機関投資家1,500社以 [...]

» 続きを読む

private 【国際】国連グローバル・コンパクトのCFOタスクフォース、企業財務のSDG原則発行。インパクト追求

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)の「SDGsのためのCFOタスクフォース」は9月21日、企業財務のためのSDGs投資原則「統合SDG投資・ファイナンスに関するCFO原則」を発行した。第75回国連総会のサイドイベントで正式発表する。 【参考】【国際】UNGC、SDGsのためのCFOタスクフォース発足。16社が創設メンバー。日本からも1社(2019年12月20日)  CFOタスクフォースは (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る