private 【国際】LGIM、気候変動対応不十分で4社をダイベストメント指定。その他でもエンゲージメント強化

Facebook Twitter Google+

 世界保険大手英リーガル&ゼネラルの運用子会社リーガル&ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)は6月15日、気候変動への不十分な対応を理由に、4社のダイベストメント(投資引揚げ)を決定した。今年中に保有の全株式を売却する。  今回ダイベストメント対象となったのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CDP、ファンドの気候変動格付Climetricsの最新結果発表。アセマネOneは5点評価が14本

Facebook Twitter Google+

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPと議決権助言世界大手ISS傘下の気候変動アドバイザリーISS-Climateは5月、ファンドの気候変動インパクト格付「Climetrics」の最新結果を公表した。現在、Climeticsでは、世界約2万のファンドを毎月格付けし、無料で閲覧できるようにしている。 【参考】【EU】CDP、ISS-Ethix、Climate-KIC、ファンドの気候変動インパクト格付「Climetrics」発表(20 [...]

» 続きを読む

private 【日本】住友商事の株主総会、NGO提出の気候変動株主提案を否決。但しプレッシャー高まる

Facebook Twitter Google+

 住友商事は6月18日、定時株主総会を開催。3月にオーストラリア環境NGOマーケット・フォースが提出していた気候変動株主提案に関し、可決に必要な3分の2の賛成が集まらず否決した。しかし、一部外国株主からは賛成も集まり、同社へのプレッシャーが高まっていることが明らかとなった。  同NGOが3月に提出した株主提案は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ボルボ・カーズ、高級EVの新車種を米国で生産。SSABからもCO2フリー鉄を世界初調達

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン自動車大手ボルボ・カーズの高級EV子会社ポールスターは6月16日、米国に初の生産工場を建設すると発表した。新型車種「ポールスター3」を組み立てるため、ボルボ・カーズが2018年に米サウスカロライナ州リッジビルに開設した工場を共同利用する。ボルボ・カーズは、2010年に中国の浙江吉利控股集団(Geely)が買収した。  同社は3月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】気候債券イニシアチブ、畜産でのグリーンボンド基準リリース。飼料生産の観点も

Facebook Twitter Google+

 国際グリーンボンド基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は8月20日、農業セクターでの気候変動緩和及び気候変動適応のためのグリーンボンド基準「気候債券基準(CBS)」に関し、先行して2020年にリリースした農業セクターに加え、畜産セクターを加えた完成版をリリースした。 【参考】【国際】CBI、農業セクターのグリーンボンド適格性基準の初版発行。畜産はスコープ外(2020年8月21日)  CBSは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】イオンとカルフール、Loopと協働でリユース容器での商品販売開始。サーキュラー化

Facebook Twitter Google+

 イオンは5月25日から、サーキュラーエコノミー推進TerraCycleの容器回収・再利用事業Loopと協働し、「イオン」「イオンスタイル」の東京都の全17店舗と神奈川、千葉各1店舗、及びネットスーパーで、消費財や食品等を繰り返し使えるリユース容器を利用した商品販売の実証を開始した。対象商品は、ショッピングプラットフォーム「Loop(ループ)」に参画するメーカー6社で計13品目。今後、2021年8月末までに関東約50店舗に拡大する予定 [...]

» 続きを読む

private 【国際】TCFD、ガイドライン改訂でパブコメ募集。指標と目標の詳細化や移行計画の透明性向上

Facebook Twitter Google+

 金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は6月7日、TCFD最終報告書の改訂に関するパブリックコメントの募集を開始した。締切は7月7日まで。改訂では「指標と目標」に関する詳細化を図ろうとしている。 【参考】【国際】金融安定理事会のタスクフォース(TCFD)、気候変動関連財務情報開示の最終報告書を発表(2017年6月29日)  今回TCFDが発表したドミュメントは2つ。まず、 (さらに…)

» 続きを読む

【イギリス】政府、ダスグプタ・レビューを受け、全政策への生物多様性組入れに着手

Facebook Twitter Google+

 英財務省は6月14日、英ケンブリッジ大学のパーサ・ダスグプタ経済学名誉教授率いるチームがまとめた生物多様性と経済の関係性を包括的に分析した「ダスグプタ・レビュー」が2月に発行されたことを受け、政府全体として「自然ポジティブな未来」にコミットすると宣言した。 【参考】【イギリス】政府、生物多様性と経済の包括分析レポート「ダスグプタ・レビュー」発表。今後政策化(2021年2月8日)  今回、英財務省は、自然と、それを支える生物多様性が、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】UPS、2050年までにスコープ3含むカーボンニュートラル宣言。再エネやSAFを活用

Facebook Twitter Google+

 物流世界大手米UPSは6月9日、戦略的優先事項や財務、ESG目標を発表。ESG目標として、2050年までにスコーム3を含むバリューチェーン全体でカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を達成すると表明した。  また中間目標としては、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】SABIC、P&G、フラウンホーファー研究機構、使い捨てマスクのケミカルリサイクル。不織布を循環生産

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)、消費財世界大手米P&G、独研究機関フラウンホーファー研究機構のクラスター・サーキュラー・プラスチックス・エコノミー(CCPE)の3者は6月16日、使い捨てマスクのポリプロピレン(PP)繊維のケミカルリサイクルで、サーキュラーエコノミー・ループを実現する合同プロジェクトを発表した。  新型コロナウイルス・パンデミックで大量発生している使い捨てマスクは、現状、焼却処分か埋立処分されており [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る