private 【国際】3M、2025年までにバージンプラスチック消費量を5700t削減。カーボンニュートラル

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手米3Mは4月22日、2025年までにバージンプラスチック消費量を5,700t削減する目標を新たに設定した。2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)に向けたアクションの一つ。  同社の消費財製品グループは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】キューリグ・ドクター・ペッパー、コーヒーメーカーで再生プラ含有。バージンプラ削減

Facebook Twitter Google+

 飲料大手米キューリグ・ドクター・ペッパーは4月22日、主力コーヒーメーカー「K-Mini」シリーズで、筐体に再生プラスチックを含有した成果を発表。2020年だけでバージンプラスチック消費量を453t削減できた。  同社は、「K-Mini」では再生プラスチック含有率を25%にまで向上。「K-Mini Plus」の含有比率は、2020年のアクション当初から15%ポイントも改善し、現在50%となっている。  さらに、 (さらに&helli [...]

» 続きを読む

private 【国際】「2050年カーボンニュートラルは実現可能」。再エネと水素がカギ。英シンクタンク

Facebook Twitter Google+

 英環境シンクタンクNGOのEnergy Transitions Commission(ETC)は4月27日、2050年二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)の実現可能性と、今後10年間で求められるアクションを分析したレポート2本を公表。電力コスト低下により、再生可能エネルギーが変革の中核となる一方、エネルギー移行が困難なセクターでは、水素技術が補完になると分析した。  ETCには、バンク・オブ・アメリカ、HSBC、クレデ [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】政府、全米初の大規模洋上風力発電プロジェクトを承認。マサチューセッツ州沖

Facebook Twitter Google+

 米内務省は5月11日、全米初の大規模洋上風力発電プロジェクト「ビンヤード風力発電所1号」を承認した。同日、公式決定書類となる「決定記録(ROD)」を発行した。同発電所の設備容量は800MW。  ビンヤード風力発電所は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】関西エアポートとセントレア、空港運営で2050年カーボンニュートラル宣言。世界では60空港がすでに達成

Facebook Twitter Google+

 中部国際空港(セントレア)は5月12日、空港運営での2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を宣言した。国内主要空港では、関西エアポートグループも3月空港運営での2050年カーボンニュートラルを宣言している。しかし、世界にはすでに空港運営でのカーボンニュートラルを達成している空港が約60ヶ所あり、日本の出遅れが目立つ。  今回セントレアが発表した内容は、空港施設の屋上や滑走路脇での太陽光発電、LED等での省エネ化 [...]

» 続きを読む

private 【日本】ENEOS、石炭採掘から撤退。スコープ3含めたカーボンニュートラルは示せず

Facebook Twitter Google+

 ENEOSホールディングスは5月12日、1981年から続けてきた石炭採掘事業から全面撤退する方針を発表した。保有するオーストラリアやカナダの炭鉱権益を全て売却する。石炭の販売についても顧客の同意が得られればやめることも伝えた。  同社はまた、定期的に行っている石油権益の見直しの中で、一部石油権益の売却の可能性があることも伝えた。不動産や有価証券を含め、2022年までに約2,200億円の資産を売却する。設備投資としては、戦略的設備投資 [...]

» 続きを読む

private 【日本】農水省、みどりの食料システム戦略策定。農林水産業で2050年カーボンニュートラル

Facebook Twitter Google+

 農林水産省は5月12日、食料・農林水産業の生産力向上とサステナビリティの両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」を策定した。同省は2020年12月、「みどりの食料システム戦略」の方向性を示した資料を公表。3月29日には中間とりまとめ資料を発表し、パブリックコメントを募集していた。 【参考】【日本】農水省、みどりの食料システム戦略の中間とりまとめ発表。化学農薬50%減、化学肥料30%減(2021年3月12日) 【参考 [...]

» 続きを読む

private 【日本】ソフトバンク、2030年カーボンニュートラル宣言。グループ再エネ事業とシナジー

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクは5月11日、2030年までにカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量)を達成する目標を発表した。日本政府が目標としている2050年ではなく、国連持続可能な開発目標(SDGs)の2030年を達成期限に設定した。  同社の消費電力の半分は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ABインベブ、プラ削減でスタートアップ・ピッチ実施。プラ削減の課題高い2分野で

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は5月5日、同社主導の環境スタートアップ発掘プロジェクト「100+ Accelerator」を通じ、同社主力飲料「コロナ」のプラスチック削減ピッチ大会「プラスチック・フリー・チャレンジ」を実施する。スタートアップ企業からの応募を募る。 【参考】【国際】ABインベブ、環境スタートアップ発掘プログラム第3期募集開始。コカ・コーラ、ユニリーバ、コルゲートら参画(2021 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る