private 【国際】CDP、ファンドの気候変動格付Climetricsの最新結果発表。アセマネOneは5点評価が14本

Facebook Twitter Google+

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPと議決権助言世界大手ISS傘下の気候変動アドバイザリーISS-Climateは5月、ファンドの気候変動インパクト格付「Climetrics」の最新結果を公表した。現在、Climeticsでは、世界約2万のファンドを毎月格付けし、無料で閲覧できるようにしている。 【参考】【EU】CDP、ISS-Ethix、Climate-KIC、ファンドの気候変動インパクト格付「Climetrics」発表(20 [...]

» 続きを読む

private 【国際】オープンエンド型投信2020年残高、中国が豪州と日本を抜きアジア太平洋首位に。史上初

Facebook Twitter Google+

 米投資会社協会(ICI)は5月25日、2020年のオープンエンド型投資信託の各国の残高を発表。中国が2019年比40%増の大幅上昇を記録し、史上初めて、中国の残高が日本とオーストラリアを上回りアジア太平洋地域首位に立った。資本市場でもアジアでの中国の存在感が大きくなってきた。  世界のオープンエンド投資信託の2020年度末残高は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】生物多様性のためのファイナンス協定、署名機関が18社追加。日本からも1社

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手18社は5月21日、事業運営と投資運用の中で生物多様性へのインパクトのプラスへの転換にコミットする宣言「生物多様性のためのファイナンス協定(Finance for Biodiversity Pledge;F4B)」に新たに署名した。署名企業は合計55社、運用資産総額は9兆ユーロ(約1,200兆円)となった。 【参考】【国際】金融大手26社、生物多様性のインパクト測定で協定発足。測定手法策定の動きも加速(2020年9月26 [...]

» 続きを読む

private 【国際】Net-Zero Asset Owner Alliance、運用会社向けの議決権行使評価ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 2050年までの運用ポートフォリオのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)にコミットするアセットオーナーのイニシアチブ「Net-Zero Asset Owner Alliance(AoA)」は4月15日、気候変動株主提案に対する運用会社の議決権行使について、アセットオーナーが運用会社とエンゲージメント、アクションを評価するためのガイダンスを発行した。 【参考】【国際】投資家団体AoA、2025年までのポートフォリオ短期C [...]

» 続きを読む

private 【国際】NZAM、加盟運用会社が73社に。運用会社資産の36%をカバー。ニッセイアセットも

Facebook Twitter Google+

 2050年までの運用ポートフォリオのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)にコミットする運用会社のイニシアチブ「Net Zero Asset Managers(NZAM)」は3月29日、加盟機関数が73にまで伸長したと発表した。世界の運用会社の運用資産の36%をカバーした形となった。 【参考】【国際】運用会社30社、2050年投資ポートフォリオのCO2ゼロにコミット。NZAM発足。日系も1社(2020年12月12日)   [...]

» 続きを読む

private 【日本】外国株での議決権行使結果開示は、りそなアセットマネジメントのみ。FFGJ調査

Facebook Twitter Google+

 NGOフェア・ファイナンス・ガイド・ジャパン(FFGJ)は3月10日、日本の機関投資家18社を対象に、2019年から2020年までの議決権行使の結果開示に関する調査を実施。りそなアセットマネジメントのみが、外国株も含めた結果開示を行っていたことがわかった。  FFGJは今回、日本内外のESGの関連の株主提案43件を選定し、当該提案に関する議決権行使結果を調査対象に定めた。株主提案の内容は、気候変動関連28件、人権・社会・ガバナンス関 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州銀行監督機構、EUタクソノミーに基づく「グリーン資産レシオ」開示を提言。銀行と運用会社

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州銀行監督機構(EBA)は3月1日、サステナブルファイナンス・アクションプランの一環として、銀行と運用会社に対し、EUタクソノミーにて適合する資産保有割合「グリーン資産レシオ(GAR)」を情報開示KPIとして設定する政策案を発表した。パリ協定に基づくEU目標の達成のため、銀行と運用会社のアクションレベルを測定できるようにするのが狙い。  今回のEBAの提案は、欧州委員会が2020年9月、同アクションプランに基づき、欧州監督機 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ブラックロック、資本市場予測を更新。カーボンニュートラル実現で25%経済成長

Facebook Twitter Google+

 投資運用世界大手米ブラックロックの市場調査機関ブラックロック・インベストメント・インスティテュート(BII)は2月25日、気候変動に伴うリスクと機会を加味した新たな資本市場予測(CMAs)を発表。二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)の実現は、今後20年間、25%の経済成長に繋がると分析した。  今回更新したCMAsでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】GPIF、2020年度の優良な統合報告書として11社を発表。国内株式運用会社が選定

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2月24日、GPIFが国内株式の運用を委託している運用会社が実施した「優れた統合報告書」と「改善度の高い統合報告書」の2021年度の選定結果を発表した。  GPIFの優良報告書発表は (さらに…)

» 続きを読む

【日本】アセットマネジメントOne、IIRCの統合報告活用投資家声明に署名。合計24社

Facebook Twitter Google+

 アセットマネジメントOneは2月15日、国際統合報告評議会(IIRC)の「パフォーマンス理解改善のための統合報告支持投資家声明」に署名した。同声明は、機関投資家の間で統合報告活用を広げるための声明で、2017年に策定。アセットマネジメントOneの署名で、署名企業は24社となった。  同声明は、PGGM、アバディーン・スタンダード・インベストメンツ、エイゴン、Cbus、ハーミーズ・インベストメント・マネジメント、NNインベストメント・ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る