private 【国際】アセットオーナーの57%、ESG投資公式採用の運用会社のみに運用委託していく方針

Facebook Twitter Google+

 世界の主要アセットオーナーのうちESG投資を実施している割合が80%に達し、57%は現在または近い未来にESG投資アプローチを公式に採用している運用会社にしか資産運用を委託しない方針であることがわかった。  今回の調査を実施したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】ドイチェ・アセット・マネジメント、新ESGインテグレーション戦略発表。AIも活用

Facebook Twitter Google+

 ドイチェ・アセット・マネジメント(DWS)は5月26日、独自のESGインテグレーション戦略「Smart Integration」を導入すると発表した。ドイツ銀行グループは5月19日にサステナブルファイナンスの強化を発表しており、運用子会社DWSからも新たな戦略が打ち出された。同社の運用資産総額は7,000億ユーロ(約83兆円)。 【参考】【ドイツ】ドイツ銀行、サステナブルファイナンス23兆円目標発表。DWSはETF3本をESG型に( [...]

» 続きを読む

private 【国際】大手年金基金、Tロウ・プライスに対する気候変動株主提案に賛成票。運用会社にも波

Facebook Twitter Google+

 大手年金基金が、5月12日に開始された投資運用世界大手米Tロウ・プライス・グループの株主総会に提出されていた気候変動株主提案に賛成票を投じていたことがわかった。同社経営陣は株主に対し反対するよう推奨していた。同社はナスダックに上場している。  今回の株主提案は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】機関投資家の人権イニシアチブIAHR、ビジネスと人権に関する指導原則の投資家実践ガイド発行

Facebook Twitter Google+

 人権分野の機関投資家イニシアチブInvestor Alliance for Human Rights(IAHR)は5月19日、アセットオーナーと運用会社向けに投資に関する人権ガイド「Investor Toolkit on Human Rights」を発行した。新型コロナウイルス・パンデミックの影響で、機関投資家の間で人権に関する認識が高まっている。  IARHは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】IFCとHSBC GAM、グリーンボンド投資ファンドで510億円募集に成功。まず新興国狙う

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際金融公社(IFC)と英HSBCグローバル・アセット・マネジメントは5月20日、非金融機関発行のグリーンボンド及びサステナビリティボンド社債のみを投資対象とするファンド「Real Economy Green Investment Opportunity(REGIO)Fund」で、4.74億米ドル(約510億円)の資金を集めたと発表した。  同ファンドの設立は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】ドイツ銀行、サステナブルファイナンス23兆円目標発表。DWSはETF3本をESG型に

Facebook Twitter Google+

 ドイツ銀行は5月12日、サステナブルファイナンスに関する同社初の定量目標を発表した。2025年末までにESG投融資を合計2,000億ユーロ(約23兆円)実施すると表明した。サステナブルの定義では、EUタクソノミーに準拠しつつ、EUタクソノミーが対象としていない分野では、独自基準を策定し公表する。  今回の発表した、2,000億ユーロの (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ClearBridge、気候変動を投資先企業の最大リスクと特定。エンゲージメント強化

Facebook Twitter Google+

 投資運用世界大手米レッグ・メイソンのグループ会社ClearBridge Investmentsは5月4日、投資先企業にとっての長期的な最大リスクは気候変動と位置づけ、投資先企業に対するエンゲージメントを実施していくと表明した。同社の運用資産総額は1,200億米ドル(約13兆円)。  今回同社は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る