private 【EU】EFRAG、企業サステナビリティ報告指令に基づく報告基準策定の委員会発足。11月末原案発表へ

Facebook Twitter Google+

 EUの金融報告フレームワーク検討機関European Financial Reporting Advisory Group(EFRAG)11月5日、現在EUで法制化が進められている企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に基づき、「欧州サステナビリティ報告スタンダード」の原案を策定を担当する専門家ワーキンググループ(EWG)のメンバーを発表した。  EFRAGでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】自然資本会計原則策定Transparentプロジェクト、素案公表しパブコメ募集。EUに影響力

Facebook Twitter Google+

 自然資本会計スタンダード策定の国際プロジェクト「Transparent」は7月28日、 自然資本会計メソドロジー原則の素案を発表し、パブリックコメント募集を開始した。締切は9月30日。Transparentプロジェクトは、EUが助成金を出しているプロジェクトで、EU企業サステナビリティ報告指令(CSRD)での自然資本会計の議論にも影響を与えるとみられる。  Transparentは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、EUタクソノミー確定。ガスと原発は年内に最終判断。企業サステナビリティ報告指令も政策合意

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は4月21日、サステナブルファイナンス・アクションプランに関する複数の施策を採択した。内容は、EUタクソノミー、企業サステナビリティ報告指令(CSRD)、サステナブルファイナンスに関するもの。今後、各々の施策について法令化に向けた次の段階に入る。  今回採択された一つは、EUタクソノミーを法制化するためのEUタクソノミー委託法令。委託法令は、政令のように欧州委員会のレベルで発行できる。今後、EU諸言語での翻訳を行った後に、 [...]

» 続きを読む

【国際】GRIとFundación ONCE、障がい者の人権に関するサステナビリティ報告ガイドを公表

Facebook Twitter Google+

 世界のサステナビリティ報告においては、障がい者の人権課題も重要性を増してきている。サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIとEuropean Network for CSR and Disability(CSR+D)の推進機関のFundación ONCEは3月11日、世界の障がい者を取り巻く状況や、障がい者を自社の事業に上手に取り込んでいる先進企業の事例、GRIに準拠したサステナビリティ報告に障がい者への取り組みを統合 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る