Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】モルガン・スタンレー、EuromoneyのBest Bank for Corporate Social Responsibilityに選出 2014/08/08 最新ニュース

shutterstock_43224187

金融ビジネス専門誌のEuromoneyは、グローバル金融大手のモルガン・スタンレーをBest Bank for Corporate Social Responsibilityに選出した。これは、同社による製品、サービス、オペレーションの社会的責任への統合に向けた広範な努力を称えたものだ。同賞は7月10日にロンドンで行われたEuromoney主催のイベント2014 Awards for Excellenceで発表された。またEuromoneyがBest Bank for Corporate Social Responsibilityの賞を発表するのは今回が初めてとなる。

今回の受賞にあたり、モルガン・スタンレー副会長のTom Nides氏は「社会的責任はモルガン・スタンレーにおける文化の中心となるものだ。Best Bank for Corporate Social Responsibilityの受賞は、世界中で働く何万もの従業員による、彼らが生活し、働くコミュニティに良い影響を及ぼそうという献身的な努力を物語っている。加えてこの栄誉は、グローバル課題の解決に向けて民間の資本を結集するための鍵となる、持続可能な投資という努力に対する当社のコミットメントと奉仕の結果だ」と語った。

昨年11月、モルガン・スタンレーはInstitute for Sustainable Investingを設立した。これは資本を持続可能な成長を促進する投資へと変化させることを目指しており、また同社で現在進行中の、経済・社会・環境問題に対する市場ベースの解決策をさらに前進させる取り組みの一環だ。

Euromoneyは、同社の受賞理由について「昨年開始されたInstitute for Sustainable Investingは、優れた仕事に溢れ、競争の激しい世界にいるモルガン・スタンレーにとって良い契機となった。同社は初の10億円規模のグリーンボンド案件に関わるなど、急速に発展する市場における多くの重要な分岐点において、常に先駆け的な存在を担ってきた」と述べている。

今回のEuromoneyからの賞に加え、モルガン・スタンレーは昨年末にはBloombergとNPOのNational Conference on Citizenship and Points of Lightが毎年実施しているThe Civic 50にも選出されている。The Civic 50は、企業活動を展開するコミュニティにおいて、コミュニティの生活の質向上に熱心に取り組んでいる企業トップ50を選出するランキングだ。

モルガン・スタンレーは43か国で1,200以上の拠点を展開するグローバル金融サービス企業で、同社は金融業界の中でも特にCSR活動にも積極的に取り組んでいる企業として有名だ。ぜひ今後の取り組みにも期待したい。

【企業サイト】Morgan Stanley

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る