【EU】欧州対外行動庁、中国新疆ウイグル自治区の「再教育キャンプ」を国際法違反と非難 2018/11/01 最新ニュース

 EUの外交部門、欧州対外行動庁(EEAS)は10月26日、中国政府が新疆ウイグル自治区に導入した「脱過激化に関する新疆ウイグル自治区規則(Xinjiang Uyghur Autonomous Region Regulation on De-extremification)」について、人権侵害とみなす声明を発表した。

 中国の「再教育」政策に対し、国連人種差別撤廃委員会は中国政府に停止を要請している。EEASは、今回の声明文の中で、国連人種差別撤廃委員会の要請に反する行為と言及。大衆監視、移動の制限、国外ウイグル人への国外帰還指示に対しても懸念を表明した。

 今回EUは、中国に対し、国連人権宣言や国際人権規約に基づき、信教の自由、表現の自由、少数民族の権利を尊重するよう求めた。

【参照ページ】Statement by the Spokesperson on the situation in Xinjiang

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る