【日本】環境省、日本モンサント申請の遺伝子組換えワタの承認に先立ちパブコメ募集 2019/08/30 最新ニュース

【日本】環境省、日本モンサント申請の遺伝子組換えワタの承認に先立ちパブコメ募集 1

 環境省は8月27日、カルタヘナ法に基づき、遺伝子組換え農作物のワタ(綿花の草)1件が第一種使用等に関する規程の承認申請があったことを明らかにし、パブリックコメント募集を開始した。締切は9月25日。第一種使用とは、環境中への拡散を防止せずに使用することを指す。カルタヘナ法は、遺伝子組換え農作物の栽培等に際し、野生動植物への影響を事業評価することを規定している。

 今回申請したのは、日本モンサント。遺伝子組換え内容は、カメムシ目、アザミウマ目、コウチュウ目及びチョウ目害虫抵抗性並びに除草剤ジカンバ、グルホシネート、グリホサートに耐性を持つように改変された。グリホサートは、同社「ラウンドアップ」製品に用いられていることで有名で、欧米等で批判も多い。

 同申請については、環境省の農作物分科会は、「本スタック系統の植物体内において形質間の相互作用を示す可能性は低く、親系統が有する形質を合わせ持つ以外に評価すべき形質の変化はない」と分析。承認しても問題ないと結論づけている。

 また、同物質の食品としての安全性については厚生労働省が、飼料としての安全性については農林水産省が、法律に基づき別途評価を行っている。

【参照ページ】遺伝子組換えワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (1)

ページ上部へ戻る