【オーストラリア】コールズ、肉牛畜産でのメタン削減で肥育場と協働。DSM開発の飼料添加物実証 2022/09/16最新ニュース

 小売大手豪コールズは9月14日、豪畜産Mort&Coのグラスデール肥育場と協働し、オーストラリアの肉牛生産でのメタン排出量の大幅削減を進めると発表した。両社は、DSMが展開する同社開発の飼料添加物「Bovaer」の大規模実証に参画し、オーストラリアでは最大規模となっている。

【参考】【オランダ】DSM、飼料添加物「Bovaer」の大規模実証。家畜げっぷのメタン排出を大幅削減(2022年3月28日)

 家畜生産者団体ミート・アンド・ライブストック・オーストラリア(MLA)による最新の調査では、…

Links