private 【アルゼンチン】カルフール、IBMのブロックチェーン技術で牛肉トレーサビリティ確保

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手仏カルフールのアルゼンチン法人は7月26日、IT世界大手米IBMのブロックチェーン技術を活用し、同社ブランド「Huella Natura」のアルゼンチン牛肉商品の原産地や安全性、品質等の透明性とトレーサビリティを確保すると発表した。消費者は、スマートフォンで商品のQRコードを読み込むことで、同情報にアクセスできる。  同技術では、 (さらに…)

» 続きを読む

【南米】パラグアイ発生のミナミアメリカバッタ蝗害がアルゼンチンに侵入。4千万匹にまで増加

Facebook Twitter Google+

 アルゼンチン政府の農畜産品衛生管理機構(SENASA)は6月23日、パラグアイで発生したミナミアメリカバッタの大群が5月21日にアルゼンチン領内に侵入と発表。6月23日まで数が4,000万匹に拡大し、蝗害により同国北部に農作物の被害が出ている模様。  アルゼンチンでは2017年と2019年にも同様の蝗害が発生している。ミナミアメリカバッタは通常ブラジルやパラグアイの熱帯地域で生息している。今回の蝗害は、SENASAによると、最初にパ [...]

» 続きを読む

【アルゼンチン】政府、今後3年間で60億米ドル規模の再生可能エネルギー投資計画を検討。容量4GW

Facebook Twitter Google+

 アルゼンチン政府は9月1日、今後3年間で60億米ドル規模の再生可能エネルギー投資計画を検討していることを明らかにした。実現すると4GWの発電設備容量が増加する。これにより、大規模電力需要家は再生可能エネルギー発電者と直接PPA(電力購入契約)を締結する機会が生まれる。  アルゼンチン政府は近年、再生可能エネルギーの導入に力を入れており、投資ブームに沸いている。2015年に制定、2016年に施行された法律では、アルゼンチンは、エネルギ [...]

» 続きを読む

【中南米】ラテンアメリカ、消費者の73%が「代替輸送燃料により多く支払ってもよい」

Facebook Twitter Google+

World Energy Council(世界エネルギー会議、以下WEC)が10月22日に公表した代替輸送燃料に関するレポート“Alternative Transport Fuels: consumer attitudes in the Latin America and Caribbean region”によると、ラテンアメリカ・カリブ海地域の消費者は、従来の輸送燃料よりも温室効果ガス排出量の少ない代替輸送燃料の利用に対してより多く [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GlobalDataが南北アメリカの再生可能エネルギーハンドブック発表

Facebook Twitter Google+

世界のエネルギー・健康に関する情報を集めるシンクタンク GlobalDataは、南北アメリカ各国の再生可能エネルギー政策をまとめた最新ハンドブックを発表した。ハンドブックに収録されているのは南北アメリカの大国であるアメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチンの詳細分析で世界最大級のレポート。各国の現在、そして未来の再生可能エネルギーの計画及びゴールが詳述されているだけでなく、各国の今後の再生可能エネルギー市場の見通し、及び技術に [...]

» 続きを読む
2014/01/01 最新ニュース
ページ上部へ戻る