【EU】2030年までに32.5%エネルギー消費削減。欧州委員会、欧州議会、EU理事会が政治的合意

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会、EU理事会、欧州議会の3者は6月25日、EUの新たな省エネ目標で政治的合意に達した。2030年までにエネルギー消費量を32.5%削減させることが柱。今後、正式にEU指令の制定審議を開始し、成立すればEU加盟国は新目標に沿った政策が義務化される。  ジャン=クロード・ユンケル欧州委員長は2016年11月、包括的再生可能エネルギー転換政策を発表し、現在8つのEU法改正に向け動いている。改正を目指すのは、「電力規則」「電力指令 [...]

» 続きを読む

【国際】G20、省エネ分野に民間投資を促進するための政策提言レポートを発表

Facebook Twitter Google+

 G20省エネ・ファイナンス・タスクグループ(Energy Efficiency Finance Task Group:EEFTG)は5月4日、省エネ分野への投資を加速させるための政府政策課題を整理し提言をまとめたレポート「G20 Energy Efficiency Investment Toolkit(G20省エネ投資ツールキット)」を発表。G20加盟各国に対して、喫緊の国際課題である気候変動問題に対処する投資を加速するための制度整 [...]

» 続きを読む

【EU】2030年のエネルギー効率化目標を30%と発表

Facebook Twitter Google+

欧州委員会は7月23日、2030年までにエネルギー効率を30%向上させるという目標を発表した。 今回の枠組みがもたらす利益としては、環境面への好影響だけではなく、EU企業への新たなビジネス機会創出、消費者の光熱費負担軽減、天然ガスの輸入比率低下によるエネルギー安全保障の強化などが挙げられており、より政策の費用対効果が意識されたものとなっている。 また、この30%という目標は、2020年までにエネルギー効率を20%向上させるという目標に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】マクドナルドが発表した先進的なサステナビリティ方針とは?

Facebook Twitter Google+

米マクドナルドは、同社初の「CSR・サステナビリティ・フレームワーク」を発表し、測定可能でポジティプなインパクトを社会に生み出しながら事業運営を行う構想を打ち出した。フレームワークの作成にあたり、同社は、サプライヤー、フランチャイジー、消費者、専門家、NGO、社会的責任投資団体との共同制作というアプローチをとり、社外からの意見を十分に取り入れた内容となっている。フレームワークは、同時に発表された「2012-2013 サステナビリティレ [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】政府とコンサルティング企業が共同し、LED普及を大規模に促進

Facebook Twitter Google+

オーストラリアの電気利用効率化コンサルティング企業 Easily Greenは、オーストラリア州政府と連携し、企業へのLED普及をいっきに進めていくサービスをスタートした。LEDライトは電力使用料を大幅に削減でき、企業のコスト削減と環境保全に繋がると注目されているが、多くの企業は初期費用が高いことを理由に導入を躊躇っている。そこで、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州政府とEasily Greenはスクラムを組むことを決めた。まず [...]

» 続きを読む
2014/01/29 最新ニュース
ページ上部へ戻る