【シンガポール】通貨監督庁、2200億円規模のグリーン投資プログラム創設。運用会社を選定し、市場育成

Facebook Twitter Google+

 シンガポール通貨監督庁(MAS)は11月11日、20億米ドル(約2,200億円)規模のグリーンファイナンス・プログラム「グリーン投資プログラム(GIP)」を発表した。MASは、シンガポールで中央銀行と金融監督当局を兼ねる機関。MASも加わっている中央銀行・金融当局ネットワーク「気候変動リスクに係る金融当局ネットワーク(Network for Greening the Financial System;NGFS)」は10月17日、中央 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】金融当局FCA、一定の企業にTCFD情報開示義務化。金融のグリーンウォッシングも防止

Facebook Twitter Google+

 英金融当局のFCA(金融行為規制機構)は10月16日、リテール投資家のグリーンファイナンスを促進するため、企業に対する気候変動情報開示の強化と、グリーンウォッシングの金融商品を消費者に提供することを抑止する制度の導入を実施してくと発表した。企業の気候変動対応に関する情報を流通させることで、先進企業に投資をシフトさせていく狙いがある。FCAは今回の提案を、優先順位の高い政策と位置づけ、導入を急ぐ。  今回の政策提案では、まず、大企業を [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、「グリーンファイナンス戦略」発表。気候変動対策で経済成長を推進。TCFDでも目標設定

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は7月2日、「グリーンファイナンス戦略」を発表した。英国では、シティ・オブ・ロンドン自治体(シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション)のグリーンファイナンス・イニシアチブ(GFI)が2018年4月、ロンドンを世界のグリーンファイナンスの中心にするための英政府への提言レポート「Accelerating Green Finance」を発表。それを受け、英政府は、グリーンファイナンス戦略をとりまとめた。 [...]

» 続きを読む

【国際】英シティ・オブ・ロンドンとシンガポール通貨監督庁、グリーンファイナンスで協働

Facebook Twitter Google+

 英シティ・オブ・ロンドン自治体(シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション)とシンガポール通貨監督庁(MAS)は6月13日、グリーンファイナンス、データ共有、KYC(顧客確認)プロセス等の分野で協働する覚書(MOU)を締結した。    グリーンファイナンスでは、シティ・オブ・ロンドン・コーポレーションのグリーンファイナンス・イニシアチブ(GFI)とMASで協力分野を今後設定していく。  GFIはすでに、中国金融学会のグリーンファイナン [...]

» 続きを読む

private 【香港】金融管理局、グリーンファイナンス促進の3政策発表。環境面での銀行の評価・監督強化も

Facebook Twitter Google+

 香港金融管理局(HKMA)は5月7日、香港でのグリーンファイナンスを促進するための3つの措置を発表した。特に気候変動に主眼を置いた。3つの措置は、間接金融、直接金融、金融プラットフォームの3つ。香港政府は近年、グリーンファイナンスの分野でのアジアの中核のポジションを、シンガポールと競っている。  まず間接金融では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】金融都市のグリーンファイナンス・ランキング2019発表。東京凋落、中国都市の後塵に

Facebook Twitter Google+

 英シンクタンクZ/Yenとベルギー金融調査NGOのFinance Watchは3月27日、世界の金融センターのグリーンファイナンスへの取組度を調査したランキング「Global Green Finance Index(GGFI)」の2019年前半の結果を発表した。同ランキングの発表は半年毎に発表されており、今年が3回目。ランキングは「深度(Depth)」と「質(Quality)」の2つの観点でなされた。首位は、 (さらに&hellip [...]

» 続きを読む

private 【ASEAN】CBI、ASEAN地域のグリーンボンド・ローン報告書発表。過去累計は50億米ドル

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの英CBI(気候債券イニシアチブ)は1月22日、ASEAN地域のグリーンファイナンス市場をまとめた2つのレポートを発表した。ASEANは世界で第6位の経済力を誇るが、経済成長の裏には、大気汚染、水質汚染、森林破壊等の環境コストの代償が高くついている。現在ASEAN地域では2016年から2030年までに合計3兆米ドル(約330兆円)が必要と試算されており、グリーンファイナンスの重要性が高まっ [...]

» 続きを読む

private 【イギリス・中国】英中グリーンファイナンス・タスクフォース、「一帯一路のためのグリーン投資原則」発表

Facebook Twitter Google+

 英シティ・オブ・ロンドン自治体(シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション)のグリーンファイナンス・イニシアチブ(GFI)と中国金融学会のグリーンファイナンス専門委員会は11月30日、第3回英中グリーンファイナンス・タスクフォース会議を北京で共催。現時点での進捗報告レポートの中で、「一帯一路のためのグリーン投資原則(GIP)」を発表した。  同原則は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】中国証券投資基金業協会、ESG研究報告書とグリーンファイナンス・ガイドライン発表

Facebook Twitter Google+

 中国証券投資基金業協会(AMAC)は11月10日、中国として初の公式なESG投資指針となる「中国上場企業ESG評価体系研究報告(中国上市公司ESG评价体系研究报告)」と「グリーンファイナンス・ガイドライン(绿色投资指引)暫定版」を発表した。同協会は2012年に設立した自主規制業界団体で、全国の運用会社、ファンド販売会社、カストディアン等が加盟している。  発表に際し、同協会の陳春艶秘書長は、ESG投資とグリーンファンドの発展には、市 [...]

» 続きを読む

【国際】緑の気候基金GCF、資金供与額が46億米ドルに到達。途上国の気候変動対策

Facebook Twitter Google+

 緑の気候基金(GCF)は10月21日、第21回理事会を開催し、発展途上国での気候変動対応のため19件の新規プロジェクトに合計10.4億米ドル(約1,200億円)投融資することを決定した。さらに共同ファイナンスとして他の金融機関からも42.4億米ドル(約4,800億円)の資金も動員した。これでGCFのファイナンス額は、合計93件46.05億米ドル(約5,200億円)となった。  今回決定した対象案件には、アフリカでの金融システム改革、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る