【中国】中国証券投資基金業協会、ESG研究報告書とグリーンファイナンス・ガイドライン発表 2018/11/15 最新ニュース

 中国証券投資基金業協会(AMAC)は11月10日、中国として初の公式なESG投資指針となる「中国上場企業ESG評価体系研究報告(中国上市公司ESG评价体系研究报告)」と「グリーンファイナンス・ガイドライン(绿色投资指引)暫定版」を発表した。同協会は2012年に設立した自主規制業界団体で、全国の運用会社、ファンド販売会社、カストディアン等が加盟している。  発表に際し、同協会の陳春艶秘書長は、ESG投資とグリーンファンドの発展には、市場関係者の自主的な発展、業界の多様な模索、社会全体の共同努力が欠かせないと表明。ESG投資の発展の必要性と期待感を見せた。  「中国上場企業ESG評価体系研究報告」では、ESGを測定する指標体系を整理。GRI、SASB、ISO260000を世界最大フレームワークと位置づけ、さらにOECDコーポレート・ガバナンス原則、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、国連責任投資原則(PRI)、国連グローバル・コンパクト(UNGC)、国連持続可能な証券取引所(SSE)イニシアチブ等を横断的に研究。その上で…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る