【ソマリア】中部ベレトウェインが豪雨で水没。20万人以上避難。コレラ・マラリアの流行懸念も

Facebook Twitter Google+

 国際人権NGOセーブ・ザ・チルドレンは10月31日、ソマリア中部のベレトウェインで異常的な豪雨により町が水没。人口40万人のうち20万人以上が避難を強いられていると発表した。ソマリア政府の発表では、約35万人になんらかの被害が出ている。バルダレ等の他の地域でも鉄砲水により3万人が被災した。  ソマリア政府は、人道機関に対し支援を要請。避難者は、高台のテント生活に入っており、食品や医薬品等が必要な状態。病院も水没しており、セーブ・ザ・ [...]

» 続きを読む

【国際】「世界で2.8億人以上の子供の社会状況が改善」セーブ・ザ・チルドレン報告

Facebook Twitter Google+

 国際人権NGOセーブ・ザ・チルドレンは5月29日、6月1日の国際子どもの日に合わせ、世界の子供の社会状況を分析した最新レポート「子どもたちの人生に変化をもたらすために(Changing Lives in Our Lifetime)」を発表した。2000年時と比較して、2.8億人以上の子供の指標が改善していることがわかった。一方、紛争により避難を強いられた子供の数は8割増していることも見えてきた。  セーブ・ザ・チルドレンは今年、設立 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】P&G、児童飲料水提供プログラムで2020年目標達成。次は2030年までに250億L

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手米P&Gは3月18日、同社の「Children’s Safe Drinking Water(CSDW)Program」を通じて、150億lの飲料水を配布するという2020年目標を前倒しで達成したと発表した。同時に、新たに2025年に250億l配布という目標を掲げた。  P&GはCSDWプログラムを2004年に開始。水危機問題の認識向上のため150団体とパートナーシップを組み、P&Gが開発したシンプルな浄水フィルターを用 [...]

» 続きを読む

【人権】進展する児童労働撲滅に向けた動き 〜企業が新たな担い手に〜

Facebook Twitter Google+

児童労働関与の疑いで投資家に訴えられる事業会社 今年3月、ブルームバークがあるニュースを報じました。「チョコレート世界大手のハーシー(Hersey Co.)が、出資者であるルイジアナ年金基金から違法な児童労働関与の疑いを指摘され、ハーシーに対して証拠提出を要求する法廷闘争に突入した。」というものです。ハーシーは、世界的なカカオ産地である西アフリカからカカオを仕入れており、その仕入元で違法児童労働行為があったことをハーシーが認識していた [...]

» 続きを読む
2014/08/30 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る