【アメリカ】企業のマイノリティ等DE&Iが加速。ヤム・ブランズ、ウェルズ・ファーゴ、VF等

Facebook Twitter Google+

 米国で非白人や女性等、社会的弱者のDE&Iアクションが加速している。女性やマイノリティに対する構造的不平等に問題に焦点が当たり、さらにバイデン政権になったことで、政府政策も追い風となっている。  ファーストフード世界大手米ヤム・ブランズは5月26日、米ルイビル大学と協働し、フランチャイズ店舗オーナー支援センター「Yum! Center for Global Franchise Excellence」を発足すると発表した。同社は今後5 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ヤム・ブランズ、スコープ3まで含め2050年カーボンニュートラル宣言。2030年は46%減

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米ヤム・ブランズは4月26日、スコープ3まで含めた2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)と、2030年までの2019年比46%減の目標を発表した。原材料サプライヤーや食品加工企業とも企業とも協働する。科学的根拠に基づく削減目標イニシアチブ(SBTi)からも承認を得た。  ヤム・ブランズは、ケンタッキーフライドチキン(KFC)、タコベル、ピザハット等のファーストフード・ブランドを展開。同社 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ビヨンド・ミート、マクドナルド及びヤム・ブランズとグローバル提携。大豆肉急進

Facebook Twitter Google+

 代替肉世界大手米ビヨンド・ミートは2月25日、フランチャイズ世界大手のマクドナルド及びヤム・ブランズとの間で、各々でグローバルでの提携を発表した。気候変動対策の動きの中で、フランチャイズ大手が代替肉の活用に本腰を上げてきている。  マクドナルドとの提携では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】ヤム・チャイナ、ビヨンド・バーガーと提携。KFCやピザハットで代替肉バーガー販売

Facebook Twitter Google+

 中国ファーストフード大手ヤム・チャイナ・ホールディングスは6月1日、米代替肉大手ビヨンド・ミートとのパートナーシップを発表した。6月3日から期間限定でビヨンド・ミートの「ビヨンド・バーガー」を、中国の同社運営のケンタッキー・フライドチキン(KFC)、ピザハット、タコベルの店舗で販売する。ビヨンド・バーガーが中国国内で販売されるのは今回が初。  ヤム・チャイナ・ホールディングスは、米ファーストフード大手ヤム・ブランズのグループ企業だが [...]

» 続きを読む

private 【中国】ケンタッキー、カーギル提供の植物由来チキンナゲット試験販売。中国で代替肉関心高まる

Facebook Twitter Google+

 ケンタッキー・フライドチキン・チャイナは4月27日、4月28日から30日まで、植物由来の代替肉で作ったチキンナゲットを試験販売すると発表した。代替肉はカーギルが提供。中国では、スターバックスが国内全3,300店舗でビヨンド・ミート製の代替肉を活用したラザニア等の製品を4月21日に販売開始。巨大な消費市場・中国で、代替肉の存在感が大きくなってきている。  ケンタッキー・フランドチキンの (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る