【国連】PRI、投資顧問業者に対しESG投資促進を要請するレポート公表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は12月7日、投資顧問業者に対しESG投資普及を促すレポート「Working towards a sustainable financial system: investment consultant services review」を発行した。PRIは、投資顧問業者と顧客であるアセットオーナーの多くはESGを投資運用に統合させることに失敗していると指摘。投資顧問業者がESG投資を普及させるために直面してい [...]

» 続きを読む

【金融】「責任ある機関投資家」の諸原則 <日本版スチュワードシップ・コード>の受入状況

Facebook Twitter Google+

日本版スチュワードシップ・コードの受入状況 今年2月に金融庁が公表した「責任ある機関投資家」の諸原則。本来名称よりも、日本版スチュワードシップ・コードの通称で広く浸透しています。 金融庁が当初求めていたのは、機関投資家の受入表明。ここで言う機関投資家とは、年金基金等のアセットオーナーだけでなく、投資顧問会社等のアセットマネージャーも含む概念であり、多くの金融機関が対応に追われました。機関投資家の受入表明と方針公表の初回期限は2014年 [...]

» 続きを読む
2014/12/09 体系的に学ぶ

【金融】富国生命投資顧問社インタビュー「SRIファンドと投資先企業との新たな関係性」

Facebook Twitter Google+

財務情報とともに社会・環境などの非財務情報にも配慮するSRIファンド。特に、以前「世界と日本のSRI・ESG投資最前線」でも紹介した、統合型(Integration)と呼ばれるSRIファンドが世界全体で急成長しています。 日本市場ではSRIファンドはまだ大きくはありません。ヨーロッパでは投資全体の49%が、米国では11%がSRIファンドで運用されている中、日本国内のSRIファンド割合は0.2%と非常に小さな存在です。日本市場のSRIは [...]

» 続きを読む
2014/09/06 事例を見る
ページ上部へ戻る