private 【アメリカ】グーグル、先端技術外部諮問会議(ATEAC)設立。AI原則実践のための諮問会議

Facebook Twitter Google+

 米グーグルは3月26日、人工知能(AI)の健全な活用に関する内部ガバナンスを強化するため「先端技術外部諮問会議(ATEAC)」を設立したと発表した。グーグルは2018年6月、「AI原則」を発表し、研究開発やサービス開発での自主倫理基準を設けており、ATEACはAI原則導入に向けて包括的に諮問を行う。顔認証や機会学習等の課題を主に扱う予定。  ATEACの委員に任命されたのは (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】アマゾン、ブランド偽物対策サービス「Project Zero」開始。機械学習アルゴリズム活用

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アマゾンは2月28日、新たな偽物対策サービス「Project Zero」を発表した。従来アマゾンの偽物対策では、各ブランドから偽物商品が「アマゾン」サイト上に掲載されていることをアマゾンに通報し、アマゾンの審査を得てサイトから削除される仕組みを取っていた。「Project Zero」では、アマゾンの機械学習アルゴリズムを通じて、出品時に偽物商品を自動的に検知するとともに、認定を受けたブランド企業は、アマゾンに通報するこ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グーグルとDeepMind、風力発電量を36時間前に予測。事業収益性を20%向上

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アルファベット傘下の検索大手グーグルとAI開発子会社DeepMindは2月26日、天気予報と過去のタービン稼働データを用いた機械学習アルゴリズムを通じて、実際の発電の36時間前に発電量を予測するシステムを開発したと発表した。すでに米国中部の風力発電所数カ所(合計設備容量700MW)に導入している。  グーグルとDeepMindが風力発電所で実施した実証実験では、ニューラルネットワークを用いて、気象情報と過去のタービン稼 [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、機械学習の人権侵害リスクを報告。尊重すべき原則を策定

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は3月13日、機械学習(マシンラーニング)が差別等の人権侵害を引き起こすことを防止するための白書「How to Prevent Discriminatory Outcomes in Machine Learning」を発行した。世界経済フォーラムは、年次総会「ダボス会議」で有名だが、社会課題や環境問題への対策を検討するため「グローバル未来委員会(Global Future Council)」の活動も展開し [...]

» 続きを読む

【アメリカ】YouTube、投稿された暴力動画削除で1万人体制。監視強化のため機械学習技術導入

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手グーグルは12月5日、同社グループ会社YouTube上のテロリスト等の過激主義者の動画を削除するため、2018年には1万人の体制で挑むと発表した。YouTubeはすでに今年6月から、投稿動画の監視を行っており、すでに15万本以上が削除されている。今後は、機械学習技術を導入し、以前より5倍位上の効率で動画監視と削除を進めていくという。  テロリスト等の動画投稿については、英国政府が今年3月、不適切な動画に広告が掲載されたと [...]

» 続きを読む

【アメリカ】IBMと国際若年性糖尿病財団、1型糖尿病の研究で提携。機械学習テクノロジー活用

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米IBMと国際若年性糖尿病財団(JDRF)は8月18日、1型糖尿病の研究で提携することを発表した。IBMが機械学習テクノロジーを提供し、JDRFの持つ膨大な量の糖尿病患者のデータを解析し、子供の1型糖尿病の予見方法を探求する。  糖尿病は病因により1型と2型に分けられる。1型は、肝臓のβ細胞が壊れ、インスリンが全く分泌されなくなることによる糖尿病。子供や若者が発症しやすく、最初は風邪に似た症状だが、その後喉の渇き、多尿、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】IBM、創薬開発支援の機械学習モデルで特許取得

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手IBMは4月7日、同社の研究開発部門「IBMリサーチ」の科学者が、薬の治療効能と副作用の予測が可能な機械学習モデルに関する特許「U.S. Patent 9,536,194」を取得したと発表した。機械学習とは人工知能分野の技術の一つで、データを積み重ねることで自動的に計算手法を進化させることができる。  今回開発された機械学習モデルは、膨大な量の薬と疾病に関するデータを用いて、薬効と副作用に関する予測が可能となる。同社によ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る