private 【国際】FAOとWFP、農業・食料システムの強化に向けパブコメ募集。FAOは欧州宇宙機関とも提携

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)は4月30日、今後数年間で両者が協働すべき分野に関するパブリックコメントの募集を開始した。5月12日まで意見を募る。  FAOは現在、2022年から2031年までの10年間の戦略を定める「戦略フレームワーク」の策定を進め、2021年の年次総会に起案する段取りを進めている。特に、国連持続可能な開発目標(SDGs)を含む2030年アジェンダの達成を支援するための効率的でインクルーシブでレ [...]

» 続きを読む

【EU】欧州宇宙機関、世界初のデブリ除去ミッションClearSpace-1発表。2025年に打ち上げ

Facebook Twitter Google+

 欧州宇宙機関(ESA)は12月9日、地球低軌道上からの宇宙ごみ「デブリ」を除去するための世界初のミッション「ClearSpace-1」を発表した。2025年に打ち上げる。欧米では、商用衛星を大量に配置し通信ネットワークを構成する「コンステレーション」概念が実現に向け動き出している。衛星の安全な活動を確保するため、浮遊している危険なデブリの除去に乗り出す。  同ミッションでは、デブリ除去を産業市場として育成するため、スタートアップ企業 [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、人工衛星事業者のスペースデブリ評価格付開発発表。MITがリード

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は5月6日、米ワシントンで開催された人工衛星分野の国際フォーラム「Satellite 2019」の中で、スペースデブリ(宇宙ゴミ)に関する事業者のサステナビリティ評価格付(Space Sustainability Rating:SSR)を開発すると発表した。開発チームには、マサチューセッツ工科大学MITメディアラボの「Space Enabled Research Group」が主導し、欧州宇宙機関(ESA [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る