private 【国際】UKSIF、石油大手の気候変動リスクに対する運用会社30社の意識調査結果発表

Facebook Twitter Google+

 UKSIF(英国社会的責任投資フォーラム)と、セインズベリー家慈善基金グループの団体「Climate Change Collaboration」は4月26日、運用大手に対し、気候変動リスクが石油企業大手のバリュエーションに与える意識を調査した報告書を発表した。  同報告書は昨年も発行されており、今年が2回目。調査票は大手69社に送付され、ブラックロック、フィデリティ・インターナショナル、HSBCグローバル・アセット・マネジメント、リ [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】欧州銀行連盟(EBF)、グリーンファイナンス推進や気候変動リスク対応の政策提言書発表

Facebook Twitter Google+

 EU加盟国を含む欧州32カ国の銀行協会が参加する欧州銀行連盟(EBF)は9月28日、グリーンファイナンス推進や気候変動対応のため銀行が果たすべき役割と政策提言をまとめた報告書「Towards a Green Finance Framework」を発表した。同報告書は、パリ協定で国際合意に達した2℃目標達成のため、低炭素社会や環境持続可能性向上に向けた内容となっている。EBFは、環境、社会、経済のトリプルボトムライン全ての推進を銀行の [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】コモンウェルス銀行個人投資家、同行を気候変動リスク情報開示不足で訴える

Facebook Twitter Google+

 豪銀行大手コモンウェルス銀行は8月8日、気候変動に関する事業リスクを適切に開示しなかったとして株主から訴訟を起こされた。訴えたのは同社個人株主のGuy AbrahamsとKim Abrahams夫妻で、環境案件を専門とする法律事務所のEnvironmental Justice Australiaが替わって、メルボルンのオーストラリア連邦裁判所に訴状を提出した。気候変動事業リスクの適切なリスク管理には昨今大きな注目が集まっているが、つ [...]

» 続きを読む

【イギリス】中央銀イングランド銀行、気候変動リスク対策で政策方向性を表明。TCFDにも言及

Facebook Twitter Google+

 英国中央銀行のイングランド銀行は6月16日、2017年第2四半期の定期報告書の中で、特集記事「イングランド銀行の気候変動への対応」を掲載。同行の気候変動対応に関する考え方を発表した。発表の中では、金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)のフレームワークに言及。イギリス国内の金融機関に対する気候変動リスクの管理を強化していく方針を伝えた。  イングランド銀行は、気候変動に関連するリスクとして、気候変動が [...]

» 続きを読む

【国際】世界大手企業27社CEO、気候関連財務情報開示タスクフォースの最終報告書案を強く支持

Facebook Twitter Google+

 世界の大手企業27社のCEOは4月21日、昨年12月に発表された金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の「最終報告案」に賛意を示し、最終報告書案で定められた情報開示ガイドラインの導入に向けて積極的に活動していくことを表明する共同声明を発表した。同時にG20諸国に対し、最終報告書案を受諾し行動に移すよう要請した。 【参考】金融安定理事会のタスクフォース(TCFD)、気候変動関連財務情報開示の最終報告書 [...]

» 続きを読む

【9/13 東京・セミナー】Fair Finance 「金融機関と気候変動リスク~欧米の最新動向を踏まえて~」

Facebook Twitter Google+

※本セミナーには、Sustainable Japan運営、株式会社ニューラル代表取締役 夫馬賢治も登壇します。 Fair Finance セミナー 「金融機関と気候変動リスク ~欧米の最新動向を踏まえて~」  近年、温室効果ガスを排出する企業や、企業に資金提供を行う金融機関が、気候変動問題をビジネスリスクとして捉え、対策を急ぎ始めてきています。 特に欧米では、石炭の温室効果への悪影響や採掘時に引き起こされる環境破壊、今後のCO2排出規 [...]

» 続きを読む
2016/08/28 行動する

【アメリカ】元財務長官3人、SECに気候変動リスクの情報開示を法定義務化するよう提案

Facebook Twitter Google+

 米国の財務長官経験者、ジョージ・シュルツ(ニクソン政権)、ロバート・ルービン(クリントン政権)、ヘンリー・ポールソン(ブッシュ政権)の3人は7月20日、気候変動が企業に与える影響を詳細に情報開示することを企業に求める書簡を連名で発表した。米証券取引委員会(SEC)は現在、1933年証券法および1934年証券取引法に定められた非財務重要事項の開示に関する規定(レギュレーションS-K)の見直しを検討しており、広くパブリックコメントを募っ [...]

» 続きを読む

【国際】大手食品・飲料ブランドは農業サプライチェーンの気候変動リスクを認識すべき。CDP調査

Facebook Twitter Google+

 企業に対して気候変動対策の情報開示を求める機関投資家らによる国際イニシアチブのCDPは9月3日、大手食品・飲料・タバコブランドの多くが気候変動リスクを緩和する最大の機会を逃しているとする新たな調査結果を発表した。CDPが公表した報告書、"The forgotten 10%: Climate mitigation in agricultural supply chains"は、世界の有名な大手食品・飲料・タバコブランド97社のデータを [...]

» 続きを読む

【イギリス】世界の気候変動リスクを「輸入」するロンドン、FTSE100社の気候変動適応策に課題

Facebook Twitter Google+

 ロンドン議会経済委員会は7月23日、ロンドンの気候変動対策状況に関する最新レポート、"Weathering the Storm: The Impact of Climate Change on London’s Economy"を公表した。同レポートでは気候変動がロンドンの経済に与える影響について、リスクと機会の双方の観点から分析したものだ。レポートの主な要点は下記の通り。 ロンドン証券取引所に上場する時価総額上位100銘柄(FTS [...]

» 続きを読む

【国際】気候変動リスクに弱いのは米国、ブラジル、中国、インドのサプライヤー

Facebook Twitter Google+

ブラジル、中国、インド、米国にあるサプライヤーはヨーロッパや日本のサプライヤーと比べると気候変動による影響を受けやすい。一方で、中国およびインドのサプライヤーは温室効果ガス対策の投資に対して最も高いリターンを実現しており、バリューチェーン全体を通じた協働に最も積極的。そんな興味深い結果がCDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)およびAccenture社の調査によって明らかになった。 CDPとAccentureが1月27日に [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る