private 【国際】PRI、インパクト投資の概念整理レポート発表。投資領域定義、インパクト測定KPI等

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は8月20日、アセットオーナーや運用会社向けにインパクト投資の動向や考え方を整理したレポートを発表した。インパクト投資に対する関心が高まり、運用資産額も増える中、インパクト投資に対する共通理解があるとは言い難い状況にある。PRIは、考え方を整理することで、さらにインパクト投資を増やしていきたい考え。レポート作成では、インパクト投資推進団体GIINも協力した。  PRIによると、2016年に450以上の機関投 [...]

» 続きを読む

PRI(Principles for Responsible Investment:責任投資原則)

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は、2006年に当時のコフィー・アナン国連事務総長が機関投資家を中心とした投資コミュニティに対して提唱したイニシアチブ。フィデューシャリー・デューティー(受託者責任)の下で、投資意思決定プロセスにESG観点(環境、社会、コーポレートガバナンス)を組み込むべきだとした世界共通のガイドライン。2006年の発足当初より、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)と国連グローバル・コンパクト(UNGC)が統括機 [...]

» 続きを読む
2015/08/18 辞書

private 【金融】ESG投資・SRIを推進するグローバル機関

Facebook Twitter Google+

(図)ESG投資・SRI推進機関 カオスマップ。Sustainable Japan作成。 世界規模で展開するESG投資・SRIの推進  前回、「【レポーティング】サステナビリティ(CSR)報告ガイドラインを主導するグローバル機関」では、サステナビリティ報告に関するガイドライン策定に取り組んでいる機関を取り上げました。今回は、機関投資家サイドの状況を取り上げたいと思います。機関投資家には、アセットオーナー、証券会社、資産運用会社、銀行、 [...]

» 続きを読む
2015/05/12 体系的に学ぶ

【国際】2015年のサステナビリティ投資、6つの最新トレンド

Facebook Twitter Google+

タイヤメーカー大手のPirelli Tire North America(ピレリタイヤ・ノースアメリカ)で広報・サステナビリティ担当役員を務めるMaureen Kline氏が、米国Inc.誌に”6 Sustainability Investing Trends for 2015”と称して2015年のサステナビリティ投資に関する6つの最新トレンドを紹介している。 今やサステナビリティ投資は世界中で大きなトレンドとなりつつある。例えば、U [...]

» 続きを読む

【カナダ】PRI、大手機関投資家らと共にCO2排出量削減に向けた新イニシアチブを発表

Facebook Twitter Google+

投資先企業のCO2排出量を投資上のリスクと考える機関投資家らが、自身の投資ポートフォリオのCO2排出量測定・開示に乗り出した。 PRI(Principles for Responsible Investment、責任投資原則)は9月28日に行われた年次総会の中で、世界有数の大手機関投資家ら10数社とともにCO2削減に向けた新たなイニシアチブMontreal Carbon Pledge(モントリオール炭素公約)を発表した。(署名機関はこ [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】PRI、責任投資に関する教育プログラムのRIアカデミーを買収

Facebook Twitter Google+

Principles for Responsible Investment(責任投資原則、以下PRI)は9月9日、Responsible Investment Association Australasia(オーストラリア責任投資協会以下、RIAA)が展開する責任投資に関する教育プログラムResponsible Investment Academy(以下、RIアカデミー)を、PRIに統合すると発表した。 RIアカデミーのカリキュラムは [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、署名機関リストより除外された機関を公表

Facebook Twitter Google+

PRI(The Principles for Responsible Investment:責任投資原則)は8月27日、PRI署名リストから除名された機関の一覧リストを公表した。2013年7月から2014年6月にかけて、53ヶ国、177の新しい機関がPRIに加入し、7月27日現在でPRIの合計署名機関数は1,262となっており、署名機関による運用資産の合計は45兆米ドルを超えている。 一方、同期間中に除名となった機関は121に上った。 [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、WWF、PwCらと共同で水リスクに関する調査レポートを公表

Facebook Twitter Google+

PRI(The Principles for Responsible Investment:責任投資原則)は7月29日、企業が農業サプライチェーンにおいて直面している、水リスクに関する調査レポートを公開した。このレポートはWWF(World Wildlife Fund:世界自然保護基金)、PwC Germanyとの共同で作成されており、投資家およびその投資先企業に対して企業が抱える水リスクを明らかにした上で、課題解決に取り組む際の指針 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】KKR、プライベート・エクイティにおいても責任投資が価値創造につながることを実証

Facebook Twitter Google+

世界最大級のプライベート・エクイティ・ファンド、KKRは7月10日、「2013年度 環境・社会・ガバナンス(ESG)とCSR報告書・サステナビリティレポート報告書(原題:2013 Environmental, Social, and Governance (ESG) and Citizenship report)」を、同社の新たなプライベート・エクイティ・ESGポリシーとともに公開した。 第4版となるKKRのESGレポートでは、責任投 [...]

» 続きを読む

【世界】PRIに署名する機関投資家の運用資産高、45兆米ドル超へ

Facebook Twitter Google+

PRI(The Principles for Responsible Investment:責任投資原則)は6月19日、PRI署名機関の運用資産高が2014年4月末までに45兆米ドル超に成長したと発表した。署名機関数も増加しており、今年新たに加入した数を加えると、その合計は1,260以上に上った。 PRIは、2006年に当時の国連事務総長コフィー・アナン氏が金融業界に対して提唱したイニシアティブで、機関投資家の意思決定プロセスにESG [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る