【イギリス】食のサステナビリティを実現する鍵はデータテクノロジーと消費者意識。WRAP調査

Facebook Twitter Google+

 持続可能な資源活用を推進する英国のNGO、WRAPは、11月5日、英国の食料システムが抱える課題と可能性についてまとめた報告書、"Food Futures: from business as usual to business unusual"を公表した。今後10年間でリスクが想定される生産から販売、消費に至るまでの一連の食料システムにおける15のトピックを取り上げて、課題を解決するための新たなアプローチを提言し、産業界や政府による [...]

» 続きを読む

【オランダ】「持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル」が牛肉流通の国際規格の草案発表

Facebook Twitter Google+

オランダに本部を置く国際的な業界団体「持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル」(GRSB)は、持続可能な牛肉食品に関する原則の草案を発表した。GRSBには世界の有数な牛肉食品関連企業・団体が多数参画。アメリカ、オーストラリアなどの牛肉生産者団体、米カーギルなど牛肉加工企業、マクドナルドやウォルマートなどの牛肉関連製品の小売企業、WWFなど国際機関が名を連ねる。今回発表された草案は、GRSBの参画企業が1年余りをかけて検討をし、外部専門 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】農業生産の向上と森林伐採削減をめざすプログラム

Facebook Twitter Google+

アメリカのTurf Feeding Systemsは、アジアにおける農業生産の向上と森林伐採削減をめざすプロジェクトを立ち上げると発表した。 同社社長マイケル・チャプリンスカイは、アジア経済の安定と成長には食糧輸出が不可欠であり、そのためには農業基盤を整えることがなによりも大切だと説く。アジアが直面する大きな課題は農業による天然林の伐採。継続的な農業と森林維持は両立されなくてはならず、農業生産の向上に有機肥料を導入することが森林伐採を [...]

» 続きを読む
2013/11/11 最新ニュース
ページ上部へ戻る