【日本】政府、70歳まで働く社会へ法改正検討。企業には努力義務課す。超高齢社会に向け

Facebook Twitter Google+

 内閣官房に設置されている未来投資会議は5月15日、超高齢社会に対応するため70歳までの就業機会を確保することを柱とする「高齢者雇用促進及び中途採用・経験者採用の促進」を提示した。企業に対し、努力義務を課す法改正を行う計画。混乱を避けるため、2025年までに65歳までの就業機会を確保することを定めた現行法は変えず、追加で70歳までの措置をルール化する。  今回提示の政策では、企業に対し7つの選択肢を用意する考え。具体的には、「定年廃止 [...]

» 続きを読む

【ビジネス・サービス】人口構造に見るこれからの日本の働き方とは?

Facebook Twitter Google+

残業を無くし業績を上げる。そんな画期的なコンサルティングを展開するのが、株式会社ワーク・ライフバランス社。今回ご紹介するのは、同社の小室淑恵社長が、2014年7月に開催された「第19回国際女性ビジネス会議」で行なったプレゼンテーションです。小室さんは、求められる働き方は人口構造によって変化すると語り、現代日本における「働き方の変革」の必要性を訴えています。 人口ボーナス期・人口オーナス期にそれぞれにおける働き方 では、人口構造は働き方 [...]

» 続きを読む
2015/02/11 事例を見る
ページ上部へ戻る