Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【デンマーク】世界最大のサステナブル・アパレル祭典の今年のテーマは「具体的な解決策の推進」 2014/04/15 最新ニュース

fashion

世界のアパレル業界各社が集う世界最大の業界横断サステナビリティフォーラム「Copenhagen Fashion Summit」が4月24日にコペンハーゲンで開催される。2年に一度開催される同イベントで、今年のテーマは「サステナビリティのソリューション」。今年はかつてないほどにソリューションに大きな焦点を当て、ラグジュアリーグループとしてグローバルで名高いKeringからファストファッションの雄であるH&Mが「ソリューション」についての基調講演を行う。

Copenhagen Fashion Summitには、サン・ローランやラルフローレンなどの高級ブランドから、ベストセラーなどの流通チェーンまで幅広く参加する。フォーラムの主催者であるDanish Fashion Instituteは、今回「ソリューション」に大きな焦点を当てたことについて、「もはや世界のアパレル業界が直面するサステナビリティ上の課題を認識するだけでは十分ではなくなっている。業界の変革を始めることが肝要だ」と語った。

ヨーロッパではビジネス界がサステナビリティへの関心を持ち続けている。EUでは法令に規制も強化されてきているが、それ以上にビジネスの各業界からのサステナビリティ向上に向けた努力や自主的な活動が続いている。サステナビリティに関するヨーロッパ市場の敏感度は、日本市場より遥かに高い。アパレル業界のブランディングにとって、ヨーロッパは特別な意味がある。日本のアパレル業界にとっても、ヨーロッパ市場のサステナビリティ追求アプローチは、無視できない。

【企業サイト】Copenhagen Fashion Summit

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る