【アメリカ】ハワイ州、2045年にまでに同州をカーボンニュートラル化する州法制定 2018/06/09 最新ニュース

 米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は6月4日、同州を2045年までにカーボンニュートラル(純二酸化炭素排出量ゼロ)にする一連の州法案に署名し、成立した。署名した法案は、州法案2182、1986、2106の3本。ハワイ州は、全米州の中で初めてパリ協定の達成を目指す法律を制定しており、気候変動対策に積極的な姿勢で知られる。

 カーボンニュートラル達成のために、ハワイ州は再生可能エネルギーに注力する考え。すでに電力の再生エネルギー化を進めているが、今後はガソリンや軽油主体の輸送分野の再生可能エネルギー化を推進していく。新法は、カーボンニュートラルを実現するための政策検討チームとして「温室効果ガス隔離タスクフォース」の設置を義務化しており、今後同チームでの検討に入る。

 また新法は、カーボンクレジットを用いたカーボンオフセット・プログラムの創設も定めており、今後州として制度を固める。

 同州は、気候変動による海面上昇は、経済的なダメージが大きいと表明。経済被害は190億米ドルになる可能性があると見積もった。

【法律】ハワイ州法2182
【法律】ハワイ州法1986
【法律】ハワイ州法2106

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る