private 【国際】責任ある企業同盟RBAと国際錫協会ITAが連携。共同で精錬所監査基準策定。EU規制に対応 2019/04/20 最新ニュース

 国際錫協会(ITA)と、電子機器業界サステナビリティ推進機関RBA(責任ある企業同盟、旧EICC)の紛争鉱物フリー推進イニシアチブ「責任ある鉱物イニシアチブ(RMI、旧CFSI)」は4月16日、サプライチェーン全体を通じて錫のサステナビリティ調達を推進することで協力する覚書を交わした。RBAには電子機器世界大手企業が数多く署名しており、ITAには錫生産企業が加盟している。両社の加盟により、錫の生産者と需要家が強調することとなった。  スズは、米ドッド=フランク法により、紛争鉱物と位置づけられて以来、メーカーでの管理が強化されてきており、その立役者となったのがRMI。RMIは、生産者や精錬事業者のリストを作り、紛争鉱物フリーのサプライチェーンを実現するためのチェックリストとツールを提供してきた。今や、部品にスズを使う電子機器メーカーにとってRMIのツールは不可欠となっている。  今回の覚書では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る