private 【国際】IEA、水素エネルギー分析レポート発表。日本政府が作成要請。経産省の戦略に潜む影 2019/06/17 最新ニュース

 国際エネルギー機関(IEA)は6月14日、水素エネルギーに関する分析及び提言レポートを発表した。水素エネルギーを気候変動対策として重要な技術として認識する一方、水素エネルギーの生成過程で二酸化炭素排出量を出さない「Clean Hydrogen」が重要ということを改めて確認した。また実用化に向けてはコスト削減が必要なものの、インフラ開発は非常に遅いとして、各国に開発促進を促した。  今回のレポートは、G20議長国である日本政府の依頼で作成し、G20エネルギー・環境相会議を直前に発表するという、非常に政治色の濃い内容となった。経済産業省は、長年IEAの幹部ポストを一つ確保しているほど、IEAは政治的にも巻き込みやすい国際機関。昨今、日本政府は、IEAを通じた国際的な意見醸成に力を入れている。  同レポートは、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る