Skip navigation
サステナビリティ・
ESG金融のニュース
時価総額上位100社の96%が
Sustainable Japanに登録している。その理由は?

【アメリカ】全米コーヒー協会とConservation International、パートナーシップ締結。気候変動適応

【アメリカ】全米コーヒー協会とConservation International、パートナーシップ締結。気候変動適応 1

 全米コーヒー協会(NCA)と国際環境NGOコンサーベーション・インターナショナル(CI)は6月27日、コーヒー農家の気候変動適応を支援するための新たなパートナーシップを締結した。CIとスターバックスが2015年のCOP21パリ会議中に発足したプログラム「Sustainable Coffee Challenge」にNCAも参画する。

 Sustainable Coffee Challengeでは、持続可能なコーヒー生産を増やすため、生産農家、仲買人、焙煎事業者、小売事業者、政府、NGOが連携してアクションを実施している。NCAのウィリアム・ムーレイCEOは、同プログラムの諮問会議の加わり、コーヒー業界団体としての知見を提供していく。また、業界団体のNCAが加わることで、持続可能なコーヒー生産への転換が加速することが期待されている。

 同プログラムでは、気候変動のほか、所得向上、自然保護等の問題も取り扱っている。

【参照ページ】National Coffee Association and Conservation International Join Forces to Support Farmers

author image

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

この記事のタグ

Sustainable Japanの特長

Sustainable Japanは、サステナビリティ・ESGに関する
様々な情報収集を効率化できる専門メディアです。

  • 時価総額上位100社の96%が登録済
  • 業界第一人者が編集長
  • 7記事/日程度追加、合計11,000以上の記事を読める
  • 重要ニュースをウェビナーで分かりやすく解説※1
さらに詳しく ログインする

※1:重要ニュース解説ウェビナー「SJダイジェスト」。詳細はこちら

"【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」"を、お気に入りから削除しました。