【国際】国際スポーツクライミング連盟、フライトCO2のオフセット開始。CompensAid加盟 2020/08/08 最新ニュース

【国際】国際スポーツクライミング連盟、フライトCO2のオフセット開始。CompensAid加盟 1

 国際スポーツクライミング連盟(IFSC)は7月24日、植物由来の持続可能なジェット燃料(SAF)推進CompensAidのプログラムに加盟したと発表した。気候変動対策としてSAFを推進する。ジェット燃料をSAFに切り替えることで二酸化炭素排出量を80%削減できる。

 CompensAidは独ルフトハンザ航空が運営している非営利型のプロジェクト。カーボンオフセットとしてSAFオプションを提供しており、得た資金は手数料を除き全額SAFのための環境プロジェクトに投じられている。最近では、ニカラグアでの森林再生プロジェクトも実施ている。

 IFSCは今回、2020年上期のスタッフのフライトからの二酸化炭素排出量をCompensAidのカーボンオフセットすると発表した。

 IFSCは2020年に同組織として初の「サステナビリティ・ガイドライン」を発行。スポーツ・クライミングをサステナビリティにするための方針を定めた。同ガイドラインは、国際オリンピック委員会(IOC)が定める「インフラ・自然保護区」「調達と資源管理」「モビリティ」「労働」「気候変動」の5つのサステナビリティ分野に基づき策定された。

【参照ページ】IFSC JOINS COMPENSAID PROGRAM

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る