private 【EU】EU理事会と欧州議会、欧州気候法案で合意。2030年CO2の55%減、2050年以降のカーボンネガティブ 2021/04/21 最新ニュース

 EU上院の役割を担う加盟国閣僚級のEU理事会とEU下院の役割を担う欧州議会は4月21日、欧州気候法案の内容で暫定合意した。同法案は、2020年12月に加盟国首脳級の欧州理事会で合意していた「2030年二酸化炭素排出量1990年比55%減」の目標を法制化する等の内容が盛り込まれた。起案者の欧州委員会は、今回の暫定合意を歓迎。今後、EU理事会と欧州議会での公式な立法手続きに入る。

【参考】【EU】欧州理事会、CO2を2030年55%削減の欧州委政策を支持。土地利用変化も算出範囲に(2020年12月12日)
【参考】【EU】欧州委、欧州気候法案を議会に提出。2050年カーボンニュートラルを法制化(2020年3月6日)

 今回の暫定合意した欧州気候法案のポイントは…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る