【イギリス】英環境監査委員会、年金基金大手25機関の気候変動対応状況を公表。11機関が高い評価

Facebook Twitter Google+

 英下院環境監査委員会(EAC)は5月25日、英年金基金大手25機関から受け取った気候変動対応に関する調査への回答を公表した。国会議員年金制度(Parliamentary Pension)、ロンドンの公的公務員等の年金基金であるロンドン年金基金局(London Pension Fund Authority)からの回答も併せて公開した。  EACによると、大半の年金基金が、気候変動が年金運用にもたらすインパクトを重要視し、何らかの対応を [...]

» 続きを読む

【日本】GPIF、第3回グローバル・アセットオーナー・フォーラムの議論結果公表

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は5月24日、2017年11月17日に米カリフォルニア州で開催した「第3回グローバル・アセットオーナー・フォーラム」の議論内容を公表した。ESGインテグレーション、ESG評価、集団的エンゲージメント、訴訟における協働ネットワーク、運用会社の報酬体系、インデックス開発企業へのエンゲージメントについて参加者の間で意見交換がなされた。  グローバル・アセットオーナー・フォーラムは、GPIFが主導し [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、アセットオーナー向けTCFD実施ガイダンスを発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月11日、アセットオーナー向けに気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインの実施ガイダンスを発行した。具体的に投資戦略に組む込むステップを解説している。  同ガイダンスは、現状理解、ビジョン・ミッション設定、投資原則、戦略構築、導入・報告の5つの段階に分け、具体的に推奨されるアクションと先行事例を紹介。運用委託先や投資コンサルタントに対して要求すべき事項もまとめた。 【参照ページ】An [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】カリフォルニア州保険庁、保険会社672社対象に気候関連財務リスク・ストレステスト敢行

Facebook Twitter Google+

 米カリフォルニア州のデイブ・ジョーンズ保険長官は5月8日、保険会社に対し気候関連金融リスクのストレステストと、各社の化石燃料への投資状況調査を実施したと発表した。気候関連財務リスクに関し金融当局が具体的に調査を行ったのは今回が全米初。ジョーンズ長官は、保険会社が抱える気候関連財務リスクは看過できないと言及。当局としてアクションに踏み切った。  元々ジョーンズ長官は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の最終報告書発行とほぼ [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】公的年金AP1、ブラックロックの新興国インパクト投資ファンドに110億円投資

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP1は5月3日、新興国のインパクト投資ファンドに1億米ドル(約110億円)投資すると発表した。投資先のファンドは、同基金の要請で米ブラックロックが設定した「BlackRock Emerging Markets Equity Impact Fund」。財務リターンを犠牲することなく、社会や環境インパクトも追求するアイルランド籍UCTISファンド。AP1は運用資産総額3,330億スウェーデンクローナ(約4.2兆 [...]

» 続きを読む

【イギリス】地方政府年金Brunel、ESG株パッシブ運用委託先にLGIMを選定

Facebook Twitter Google+

 英地方政府年金基金Brunel Pension Partnershipは4月27日、ESG株式パッシブ運用の委託先に英保険系運用会社リーガル&ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)を選定したと発表した。  Brunel Pension Partnershipは、英国の地方政府年金基金スキーム「LGPS」の一つ。LGPSは2015年に英政府が定めた制度で、イングランドとウェールズの地方政府年金基金は運用の効率化のため、8 [...]

» 続きを読む

【フランス】公的年金FRR、欧州及び仏小型株企業でのESG投資運用委託先募集開始

Facebook Twitter Google+

 フランス公的年金基金FRR(フランス年金準備基金)は4月25日、欧州及び仏小型株企業を対象としたアクティブ型ESG投資運用の委託先募集を開始した。一部の運用会社のみに公募への参加を呼びかけた。2018年3月末の運用資産総額は360億ユーロ(約4.8兆円)。  委託募集案件は2つ。欧州の小型株対象の11億ユーロ(約1,500億円)と、フランス小型株対象の6億ユーロ(約800億円)。いずれの案件でも、銘柄戦隊過程でのESG基準設定、投資 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ニューヨーク市、化石燃料ダイベストメント戦略策定の具体的プロセス開始

Facebook Twitter Google+

 米ニューヨーク市のスコット・ストリンガー財務長官は4月23日、化石燃料ダイベストメントのための具体的なプロセスを開始した。ニューヨーク市職員退職年金基金(NYCERS)、ニューヨーク市教職員退職年金基金(TRS)、ニューヨーク市教育委員会退職年金基金(BERS)を代表し、ダイベストメント実行戦略策定プロジェクトの情報収集のためのRFI(リクエスト・フォー・インフォメーション)を公表。公募を開始した。  ニューヨーク市は2017年12 [...]

» 続きを読む

【台湾】公的年金基金「労働部労働基金」、台湾株ESG投資運用開始。委託先7社選定

Facebook Twitter Google+

 台湾の公的年金基金、労働部労働基金(BLF)運用局は4月9日、台湾株対象のESG投資運用委託先を7社選定した。合計420億台湾ドル(約1,500億円)の運用を開始する。BLFが台湾株対象のESG投資運用委託先を選定したのは今回が初。BLFの運用資産総額は約3.7兆台湾ドル(約13兆円)。  選定された7社は、國泰投信(Cathay Securities Investment Trust)、群益投信(Capital Investmen [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界銀行とGPIF、ESG債券投資に関する共同分析レポート発表

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループと年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は4月19日、債券分野でのESG投資の分析レポートを共同で発行。ESG債券投資はリスクマネジメントを強化できるとともに、安定的なリターンにも貢献するとの見方を示した。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と世界銀行グループは2017年10月11日、ESG債券投資分野での共同研究を行うと発表。今回の報告書は共同研究の一環。 【参考】【日本】GPIF、世界銀行グループとES [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る