private 【イギリス】オックスフォード大基金、化石燃料ダイベストメント決定。エンゲージメントも

Facebook Twitter Google+

 オックスフォード大学は3月26日、大学基金(エンダウメント)の運用で、化石燃料ダイベストメント(投資引揚げ)を実施することを決議したことを明らかにした。さらに投資先企業に対し脱炭素化に向けたエンゲージメントを行うことも決めた。  今回決定した化石燃料ダイベストメントの対象は、石炭、石油、ガス全体に及ぶ。対象企業は、Fossil Fuel Indexが特定している化石燃料大手企業「Carbon Underground 200」の掲載企 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】年金基金団体PLSA、理事会ダイバーシティ向上ガイダンス発行。収益性高い

Facebook Twitter Google+

   英年金基金団体Pensions and Lifetime Savings Association(PLSA)は3月13日、加盟年金基金向けに、理事会のダイバーシティ&インクルージョンを改善するための意義や手法をまとめたガイダンスを発表した。英国では、企業や政府においてダイバーシティ&インクルージョンを向上する動きや制度が出ているが、機関投資家となる年金基金に対しても同様のアクションを求める動きが強まっている。  今回のガイダンス [...]

» 続きを読む

private 【スウェーデン】公的年金AP1、化石燃料ダイベストメント決定。原油・ガスも投資除外

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP1は3月16日、化石燃料関連銘柄を投資除外する化石燃料ダイベストメント(投資引揚げ)を決定したと発表した。投資ポートフォリオにおける気候変動関連リスク対応によるもの。  今回の決定は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、職域年金基金向けのTCFDガイダンス発表。パブコメも同時に募集

Facebook Twitter Google+

 英労働年金省は3月12日、職域年金基金に対しTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)に基づくマネジメントと情報開示のベストプラクティスをまとめたガイダンスを発表した。同時に幅広いステークホルダーからフィードバックを得るためのパブリックコメントの募集を開始した。  今回のガイダンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】サンフランシスコ職員退職年金基金、投資運用での2050年カーボンニュートラル表明

Facebook Twitter Google+

 サンフランシスコ職員退職年金基金(SFERS)理事会は3月11日、「気候アクションプラン」を改訂し、2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を目標として設定することを全会一致で採択した。  SFERSはすでに、石炭ダイベストメント、気候変動関連の機関投資家イニシアチブ「Cliamte Action 100+」への参加、石炭以外の化石燃料及び電力会社へのリスク・フレームワークの策定等を実施済み。さらに今回、 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】キリスト教系機関投資家団体CIG、取締役選任に反対票投じる方針強化。税方針でも

Facebook Twitter Google+

 キリスト教系機関投資家団体英チャーチ・インベスターズ・グループ(CIG)は3月3日、2020年の株主総会シーズンに先駆け、議決権行使方針を強化。英国大企業に対し、主要課題への対応に遅れがみられる場合、取締役の選任決議に反対票を投じるという厳しい姿勢を表明した。CIGは、英国国教会とメソジスト派の主要機関投資家の代表であり、資産総額は約210億ポンド(約2.8兆円)。  CIGは、FTSE350採用企業に対し、 (さらに&hellip [...]

» 続きを読む

private 【フランス】ERAFP、Net-Zero Asset Owner Allianceに加盟。合計20機関に

Facebook Twitter Google+

 仏ERAFP(フランス公務員退職年金基金)は3月5日、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)と国連責任投資原則(PRI)が運営する2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにするシナリオと整合性のある投資ポートフォリオを実現することにコミットするイニシアチブ「Net-Zero Asset Owner Alliance」に加盟したと発表した。  Net-Zero Asset Owner Allianceは、 (さらに&hel [...]

» 続きを読む

private 【ニュージーランド】公的年金KiwiSaver、デフォルト運用で化石燃料ダイベストメント決定

Facebook Twitter Google+

 ニュージーランドのグラント・ロバートソン財相とクリス・ファーフォイ商業・消費者担当相は3月1日、同国公的年金基金KiwiSaverのデフォルト設定運用ファンドで化石燃料関連銘柄を投資除外する化石燃料ダイベストメント(投資引揚げ)を発表した。KiwiSaverの加盟者は69万人、運用資産残高(AUM)は、470億ニュージーランドドル(約3.2兆円)。  ニュージーランドでは、公的年金基金NZ Superannuation Fundが2 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】企業年金団体PLSA、スチュワードシップガイド発表。気候変動リスク管理で取締役の責任問うべき

Facebook Twitter Google+

 英年金基金団体Pensions and Lifetime Savings Association(PLSA)は2月20日、2020年版のスチュワードシップ・ガイド・議決権行使ガイドラインを公表した。年金基金は、投資先企業の取締役が気候変動リスク管理に責任を持つよう要求していくべきとした。  英国では2019年10月、中規模以上の企業年金基金に対し、気候変動を含むESGに関する内容の記載、及び議決権行使やエンゲージメント等のスチュワー [...]

» 続きを読む

private 【国際】グリーンボンドは一般債券を過去4年間アウトパフォーム。NN IP分析

Facebook Twitter Google+

 オランダ保険大手NNグループの運用子会社NNインベストメント・パートナーズ(NN IP)は2月20日、グリーンボンドインデックスのリターンとボラティリティを分析。グリーンボンドは一般債券をアウトパフォームしたと発表した。  同分析は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る