【アメリカ】カルパース、2018年のエンゲージメント計画発表。取締役会ダイバーシティと気候変動対応に重点

Facebook Twitter Google+

 カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)は3月20日、2018年の投資先企業とのエンゲージメント計画を発表した。取締役会のダイバーシティ確保と気候変動対応に重点的に取り組む。今年は、同基金の投資信念(Investment Beliefs)に基づき、投資先企業約11,000社に対し議決権を行使する。  取締役会のダイバーシティ確保では、2017年に約500社に対し取締役会に女性取締役を置くよう働きかけてきた。2018年も引き [...]

» 続きを読む

private 【国際】欧米機関投資家イニシアチブTPI、石油ガス大手3社の気候変動対応状況を分析発表

Facebook Twitter Google+

 欧米主要機関投資家18機関が参加する低炭素経済推進イニシアチブ「Transition Pathway Initiative(TPI)」は3月19日、石油・ガス世界大手3社の気候変動対応状況を分析したディスカッション・ペーパーを発表した。今後本格的に調査を進める。同イニシアチブは2017年1月発足。英国環境保護庁年金基金と英国国教会National Investing Bodiesが主導し、運用資産総額は6.9兆米ドル(約740兆円) [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、アセットオーナー向けESG投資戦略策定ガイダンスを発行。推奨手法を紹介

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は3月6日、アセットオーナー向けのESG投資戦略策定のためのガイダンスを発行した。今回のガイダンスでは、各アセットオーナーが独自のESG投資戦略を策定するための業務プロセスを指南している。  同ガイダンスでは、業務プロセスを、「文脈理解」「ビジョン・ミッション設定」「投資方針策定」「投資・戦略選定」「実行」の5段階分け、推奨プロセスと先行事例を記載している。  文脈理解では (さらに…)

» 続きを読む

private 【ノルウェー】NBIM、公的年金GPFGの2017年パフォーマンス発表。倫理的除外のリターン影響も開示

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー公的年金基金GPFGの運用を担うノルウェー銀行投資マネジメント部門(NBIM)は3月6日、2017年の運用パフォーマンスを報告。GPFGは、同基金を所管するノルウェー財務省の意向により、投資対象からの「倫理的除外(Ethical Exclusion)」方針を2004年に策定した。同報告書には、倫理的除外のパフォーマンス影響も記載されている。GPFGは世界最大の政府系投資ファンド。  GPFGの投資除外選定は、「商品軸」と「 [...]

» 続きを読む

【日本】生保大手10社、集団的エンゲージメント開始。株主還元、ガバナンス、情報開示等

Facebook Twitter Google+

 生命保険協会は3月5日、「株式価値向上ワーキング・グループ」に参加する生命保険会社10社が、「集団的エンゲージメント」を開始すると発表した。集団的エンゲージメントは、複数の株主が協働して投資先企業にエンゲージメントを行う手法。複数社が足並みを揃えることで投資先企業に強力なメッセージを伝えることができるとともに、発行体にとっても対話が一本化でき業務効率化のメリットがある。集団的エンゲージメントは、海外のスチュワードシップ・コードには盛 [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】公的年金AP4、低炭素戦略での株式投資は株投資全体の31%に増加

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP4は2月22日、2017年の運用パフォーマンスを発表。低炭素戦略での株式運用額がグローバル株式アセットクラス全体の31%を占めるまでになったことを明らかにした。AP4は、低炭素戦略での運用を、リスク低減と同時にリターンを高めるためと説明。今後も増やしていく方向性を表明した。  AP4は投資先のガバナンス強化もさらに強めていく。2017年の投資先企業の株主総会では、スウェーデン企業73社、海外企業896社に [...]

» 続きを読む

【アイルランド】政府系ファンド「アイルランド戦略投資基金」、国内運用全てをESG投資とする方針

Facebook Twitter Google+

 アイルランド国債管理庁(NTMA)が管理する「アイルランド戦略投資基金(ISIF)」は、アイルランド国内運用全てにおいてESG投資を開始すると発表した。同アセットクラスにおいて、環境コンサルティングERMと共同開発したESG投資フレームワークを適用する。  アイルランド国債管理庁は、1990年に設立された政府機関で、政府資産と政府負債を管理している。同庁は、2009年のアイルランド金融危機に対処するために設立された「国家資産管理公社 [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】公的年金AP2、ESGマルチファクター株投資インデックスを2つ独自に開発し採用

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP2は2月8日、2017年にESGマルチファクター株式投資インデックスを2つ創設し、同基金の内部運用部門で同インデックスに基づく運用を行っていると発表した。同日発行の「2017年アニュアルレポート」の中で明らかにした。  創設した2つのインデックスのうち、一つは先進国株、もう一つは新興国株を対象。2つのインデックスをベンチマークとする運用額は合計990億スウェーデンクローナ(約1.3兆円)で、運用資産額全体 [...]

» 続きを読む

【フィンランド】年金保険Varma、ポートフォリオのカーボンフットプリントを27%削減達成

Facebook Twitter Google+

 フィンランド民間年金保険最大手Varma Mutual Pension Insurance Company(Varma)は2月12日、2017年の投資ポートフォリオのカーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)報告書「Carbon Footprint of Varma’s Investements 2017」を発行した。Varmaは2015年、2020年末までに上場株投資のカーボンフットプリントを2015年比25%、社債投資で15%、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、アクティブオーナーシップに関するガイダンス発行。エンゲージメントや議決権行使

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は2月15日、アクティブオーナーシップ(積極的株主行動)に関する新たなガイダンスを発行した。PRIは、第2原則の中で、株主方針の中にESG観点を盛り込み、積極的に議決権行使やエンゲージメントを実施することを求めている。一昔前まで、「アクティビストファンド」や「物言う株主」と言うと一部の特殊な投資家の特性を指していたが、今や主流の投資家行動になりつつある。  PRIが今回のガイダンスを発行した背景について、ア [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る