【国際】フェアトレード推進国際組織、2017年の認証製品の世界販売額が8%増加し1兆円に

Facebook Twitter Google+

 フェアトレード推進国際組織フェアトレード(FLO)インターナショナルは10月17日、2017年のフェアトレード認証製品の世界全体販売額を発表した。2016年から約8%増加し85億万ユーロ(約1兆円)となった。また生産農家は、生産改善のため商品売上に加えて1億7,800万ユーロ(約227億円)受け取った。  フェアトレード認証団体が、2017年を通して商品を買い付けた農家は世界75ヶ国160万人。生産農家の1年間の所得向上では、カカオ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】フェアトレードUSAと養殖認証ASC、水産事業者の所得向上に向け新プログラム展開で協働

Facebook Twitter Google+

 米フェアトレード推進機関フェアトレードUSAと国際養殖漁業NGOの水産養殖管理協議会(ASC)は10月9日、ASC認証を取得した水産事業者にフェアトレードUSAの認証基準をさらに追加遵守させるパイロットプログラムを実施する覚書を交わしたと発表した。ASCがフェアトレードUSAの認証基準を追加した新たなプログラム「Improver Programme」を展開する。  フェアトレードは従来、農家の所得向上を目指す認証としてスタートしたが [...]

» 続きを読む

【イギリス】エシカル消費市場は8%成長。エシカル・コンシューマー調査

Facebook Twitter Google+

 商品やサービスの購入を通じて環境や社会問題の解決・改善に貢献する、いわゆる「エシカル消費」を推進している英国NPOのエシカル・コンシューマーが、英国の最新エシカル消費市場動向についてまとめた2015年度の年次報告書、"】UK Ethical Market - Annual Report 2015"を発行した。  同報告書はエシカル・コンシューマーが1999年から英国内の幅広い消費セクターのエシカル消費動向を収集・分析しているものだ。 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】フェアトレードラベルは消費者の支払意思を高め、味覚にも好影響

Facebook Twitter Google+

 ドイツのボン大学が、フェアトレードラベルの表示が消費者の支払意思と味覚にもたらす影響に関する興味深い研究結果を公表している。オンライン科学ジャーナルのFrontiersが9月8日に掲載した記事によると、ボン大学の最新の研究により、フェアトレード表示は消費者の支払意思を高め、味覚にも好影響を及ぼす作用があることが分かったという。  ボン大学は従来の研究によりオーガニック商品のエンブレムは消費者の支払意思額(Willingness to [...]

» 続きを読む

【アメリカ】高まるフェアトレード製品への需要、輸入26%増。

Facebook Twitter Google+

 米フェアトレード推進機関フェアトレードUSAは8月19日、2014年における米国のフェアトレード認証済製品の輸入は26%増加したと発表した。牽引したのは野菜や果物などで、農場労働者と小規模生産者に分配されるプレミアム(Community Development Premiums)は合計550万米ドルに達した。フェアトレードUSAは、この成長は消費者と小売業者双方からのフェアトレード製品に対する需要の高まりを反映したものだとしている。 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る